大学バスケ

自由な校風ながら厳しい練習、シューターとしての開花 松田悟志のバスケ道2

東住吉高では早々にレギュラー入りを果たし、厳しい環境の中で力をつけてきた(提供写真以外、すべて撮影・松岡健三郎)

2002年から03年にかけて放映された特撮テレビドラマ「仮面ライダー龍騎」で主演の秋山蓮/仮面ライダーナイト役を演じた俳優の松田悟志さん(40)は学生時代、バスケットボールに情熱を注ぎました。京都芸術短期大学(現在は京都造形芸術大学へ統合)時代には、当時あった関西芸大リーグに4度出場し、3度の優勝。最優秀選手にも3度選ばれました。松田さんの人生について、3回の連載でお届けします。2回目は大阪府立東住吉高校で鍛えられた日々のことです。

「お前は出されへん」 中学の監督の言葉で生まれ変わった 松田悟志のバスケ道1

ドリブル禁止、ひたすらゴールを狙った

東住吉高でのバスケ生活は充実したものだった。平井文徳監督という名将のもと、松田さんはその能力を開花させていく。中学時代の松田さんはオールラウンドな能力が要求されるスモールフォワードを担っていたが、高校ではシューターとしての才能を買われ、シューティングガードに取り組んでいた。

「とにかくスリーポイントラインの外でフリーになって、そこからシュートを打つという役割を徹底させられました。それ以外は何もやらせてもらえない。試合中に2回以上続けてドリブルしたら交代という無茶苦茶なルールがあったぐらいですから(笑)。パスを受けてシュートを打つ。それ以外の選択肢は与えてもらえなかったんですけど、それが逆によかったかもしれないですね」

「2回以上続けてドリブルしたら交代」というルールの下、とにかくシュートを狙った(写真は本人提供)

平井監督からは「とにかくシュートを打て」と言われた。松田さんは比較的プレーに波があるタイプだったが、「シュートを外しても交代はさせない」という監督の言葉に勇気づけられた。

「むしろ、打たなかったら交代させるというタイプの監督でしたから、すごく分かりやすかったですね。押さえつけられながらやってましたけど、自分の好きなようにプレーできた中学時代とは違って『これが高校のバスケなんだ』って。僕にとっては新鮮で、楽しかったですね」

試合にはオシャレして行った。それでも強かった

東住吉高の練習はとにかく過酷だった。いわゆるスパルタ指導が主流だった時代である。朝練から始まり、夜遅くまで練習し、年末年始も関係なく、バスケ漬けの日々を過ごした。恒例の夏合宿はまさに「地獄」という表現が当てはまるものだったという。

「体育館から宿舎までに緩やかな下り坂があるんですけど、練習後は足が動かなくて、その坂が下れなくなってしまうほど。みんな後ろ向きになって下ってましたね(笑)」

それでも、1度もやめたいとは思わなかった。

「もちろん厳しかったんですけど、それ以上に楽しかったんです。どんどん強くなって、大阪でもインターハイ予選の優勝候補に挙げられるぐらいにまでなれましたから」

厳しい練習の毎日。それでもバスケが楽しいと思えた

東住吉高の校風も、松田さんには合っていた。

「私服だったんですよ。ほかの高校は試合のときにおそろいのジャージで来るんですけど、僕らは私服だったので、試合のときはオシャレしていくんです。中にはジャケットにハットをかぶってくるやつもいましたから(笑)。洗練された雰囲気があったから、ほかの高校にファンクラブがあるぐらいでしたよ。ほかの高校は、僕らには負けたくなかったはずです。見た目はチャラいですから。その代わり、僕らは練習もしっかりやろうと心がけてました」

自由な校風と厳しい練習。その環境が松田さんにとっては心地よかった。厳しいだけじゃない。楽しさがある。だからこそ「高校3年間は充実してた」と言いきれる。

あこがれのダンクができた日

ライバルの存在も大きかった。大阪屈指の強豪校である東住吉工業高には「100年に一人の逸材」と言われる選手がいた。その選手の存在が、松田さんの闘志に火をつけた。

「向こうはどう思ってたか知らないんですけど、僕は完全にライバル視してました。姉妹校なのでよく練習試合をしてて、そのときはとにかく彼に向かっていきましたね。めちゃくちゃ意識してて、あいつの前でいいプレーしてやろうって。でも全然かなわなかったんですけどね」

結局、東住吉工業高には勝てず、ライバルを超えることはできなかった。インターハイ予選でもベスト8が最高成績だった。それでも松田さんにとっての高校時代は、キラキラ輝く眩(まぶ)しい記憶として残っている。中でも一番の思い出はダンクシュートだ。

当時の松田さんは身長178cm。バスケ選手としては小柄だったが、ダンクシュートに強いあこがれがあった。あるとき、ほかの学校の身長170cmにも満たない選手が練習でダンクを決める姿を目撃した。聞けば、脚力のトレーニングに励んでいるという。身長が足りないからできないと思っていたが、トレーニングすればできることに気づかされた。それ以来、練習後に一人でジャンプの練習を続けた。

当時、シューティングガードだった松田さんには「いつかダンクをしたい」という思いがあった

そして2年生のあるとき、チームメイトから「そろそろできるんちゃう? 」と言われ、試しにやってみると、見事に決められた。「とんでもない成功体験でしたね。あきらめずに練習し続ければ、達成できるんだなって」

もっともシューティングガードの松田さんは、試合中にダンクを披露する機会がなかった。「試合中にダンクするのを夢見てたんですけど、結局、高校では1回もできなませんでした。宝の持ち腐れですね(笑)」。それでも努力が実を結んだ経験は、松田さんの人生において大きな財産となった。

大舞台に強いバスケ仲間への羨望が、俳優業に生きた 松田悟志のバスケ道3完

in Additionあわせて読みたい