大学アメフト

特集:第74回甲子園ボウル

早稲田が2年連続して甲子園ボウルで関学と対戦へ 後半に東北大を突き放す

この試合のMVPに輝いた早稲田のRB中野(すべて撮影・北川直樹)

アメフト甲子園ボウル東日本代表決定戦

121日@横浜スタジアム
早稲田(関東)41-10  東北大(東北

アメリカンフットボールの全日本大学選手権は12月1日、東西の代表決定戦があり、選手権決勝の甲子園ボウル(12月15日)は2年連続で関西学院大(関西2位)と早稲田大(関東)の対戦となった。東日本代表決定戦は13-10と早稲田の3点リードで折り返し、後半に早稲田が地力の差を見せつけた。この試合のMVPには早稲田のRB中野玲士(4年、早大学院)、MIPには東北大のRB石尾渉次郎(2年、都立西)が選ばれた。西日本代表決定戦は関学と立命館大(関西1位)という関西学生リーグ最終戦の再戦となり、二つのタッチダウン(TD)で先手をとった関学が立命にリベンジした。今年から西日本のトーナメントの枠組みが変わり、関西2位の関学は立命との再戦までに2試合を戦わなければならなかったが、選手層の厚さ、戦術の巧みさ、ここ一番での勝負強さで立命を上回った。

表彰状を受け取った早稲田の池田主将(右)

しっかり準備して、焦らず関学を倒す

早稲田の主将・池田直人の話
「東北大は毎年強い気持ちで激しいプレーをしてくるので、それに負けないように『激しく』というスローガンを掲げてやってきました。でも前半は力みすぎて硬くなっていたこともあり、相手のプレースピードに合わせてしまって、流れをつかみきれなかった。今シーズンの早稲田はスロースターターと言われてますけど、それが今日も出てしまったので、そこを直さないと甲子園では勝てません。関学には早大学院時代から4度負けてて、最後なんで、何がなんでも勝ちたいと言う気持ちが強いです。去年までは、何度やっても関学には勝てないというくらいに圧倒されてきました。大事なのは、しっかりと準備をして、試合でどれだけ焦らないか。リーグ戦のような試合してると、どんどん点差を離されて取り返しのつかない試合になってしまうので、自分たちでコントロールできる部分を徹底して、強い気持で戦いたいと思います。関学は完成度が高いチームなので、そこをどれだけ崩していけるか、この2週間でしっかりと取り組んでいきたい」

東北大のDB甲地(中央の49番)がインターセプトを決め、仲間と喜び合う

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む