大学陸上・駅伝

中大・五島莉乃 学生ラストレースで笑顔と悔し涙 世界で戦うために前を向く

優勝を目指していた学生ラストレースは6位に終わり、悔しさがこみ上げた(撮影・藤井みさ)

第103回日本選手権クロスカントリー

2月22日@福岡・国営海の中道海浜公園クロスカントリーコース
シニア女子8km
6位 五島莉乃(中央大4年) 27分8秒

「このユニフォームを着て走る最後のレースだったから、もちろん優勝を狙ってたし、(優勝できなくても)学生1位をずっと考えてました。だから悔しいです」。五島莉乃(中央大4年、星稜)は目に涙を浮かべながら、それでも笑顔で答えた。学生最後のレースとなったクロスカントリー日本選手権で五島は6位、学生の中では2位だった。

中大・五島莉乃 練習で鍛えた“勝負師”の感覚

2kmのコースを4周するレース、五島は常に先頭が見える位置で勝負の瞬間を狙っていた。大きな集団でレースが動き、2周目には15人程度に絞られた。そして先頭集団は8人へ。五島は何度も離されそうになるも、その度に粘る。しかしラスト1kmで集団のスピードが上がると引き離されてしまい、最後の直線で2人に抜かされてゴール。レース中はときおり強い風が吹き、体幹の弱さを思い知らされた。「どんな状況でも強気なレースができるように、まだまだ鍛えないといけない」。自分に言い聞かせるように、五島は口にした。

ラスト1kmまでは優勝を狙える位置で戦えていた(撮影・松永早弥香)

「ここで満足してたらこれから先、戦えない!」

五島にとって、ラストイヤーは挑戦の連続だった。日本選手権10000mに挑み、さらにナポリであったユニバーシアードでは10000mで2位に輝いた。最後の日本インカレでは5000mと10000mでともに2位。悔し涙を流しながらも、2週間後に迫っていた中大の仲間と挑む最後の全日本大学女子駅伝関東地区予選に向け、気持ちを切り替えた。

予選会は区間賞の走りで快走した五島の活躍もあり、中大は4位で2年ぶり28回目となる本戦出場へ。迎えたレースでチームは19位だったが、五島は1区区間賞を獲得した。

学生最後の駅伝は、全日本大学選抜チームで挑む富士山大学女子駅伝となった。2区区間新記録での区間賞で、チームは3位。「普段は違うチームなのにみんな団結して結果を残せたのはうれしかったし、みんな違う環境で頑張ってることが知れて励みにも力にもなって、自分ももっともっと頑張ろうと思えるようになりました」。チームを越えた絆がいま、五島の力になっている。

「陸上選手だけの五島ではなく、人としての五島を育ててくれる」と感じ、資生堂で競技を続ける道を選んだ(撮影・藤井みさ)

改めてラストイヤーを振り返り、「4年間の中では結果も残せたし、いろんな経験をさせてもらえたので、集大成としてはいい年だったのかな」と口にするも、「でもここで満足してたらこれから先、戦えない! 頑張ります!!」と言いきった。

大学卒業後は資生堂に進み、5000mや10000mなどのトラック種目で世界を目指す。目標は「世界大会出場」ではなく「世界で戦う」こと。一人の選手として、そして一人の人間としての成長を求め、新たな環境で新たな仲間と力をつけていく。