大学ラグビー

3連覇狙う東海大に仰星のFB谷口宜顕ら 期待のルーキー関東リーグ戦

高校1年時から才能を発揮し、東海大へ進んだ谷口宜顕(すべて撮影・斉藤健仁)

大学ラグビー界も新型コロナウイルスの感染拡大で春の公式戦が中止になるなど1年生のデビューが遅れている。2019年のワールドカップ(W杯)で日本がベスト8へ躍進したことで次代を担う若者たちに世界の頂はより身近になった。3年後、7年後のW杯を見据えて新たな舞台を待ちわびるルーキーたち。初の大学王座を目指す東海大学や日本大学など関東リーグ戦の各校へ入部した選手を紹介する。

早稲田・伊藤大祐や帝京・奥井章仁ら大物続々 期待のルーキー関東対抗戦

注目のトンガ出身の2人 進む高大連携強化

まず、悲願の全国大学選手権初制覇を目指す東海大から。昨季はリーグ戦を連覇し、大学選手権4強に入った。高大連携で強化しており、付属校を中心に有望な新人が45名ほど加入した。注目は東海大福岡出身で、ともに高校日本代表に選ばれたFLアフ・オフィナとCTBポロメア・フィナウの2人だ。

他にも東海大大阪仰星からは、同じく高校日本代表で高校1年時から花園(全国高校大会)を沸かせてきたFB谷口宜顕(よしあき)、高校代表候補だったPR高橋凜とCTB何松健太郎、司令塔だったSO武藤ゆらぎなどが入り、東海大相模(神奈川)からも7人が入部した。トンガ出身でボールキャリアに秀でるオフィナとフィナウの2人、そしてFB谷口を筆頭にメンバー争いに加わっていくだろう。

 7人制の「神の子」も

昨季、5位から2位に順位を上げて6シーズンぶりに大学選手権に出場した日本大にも40名弱の新人が加わった。中でも最注目なのが、セブンズの「神様」と呼ばれた世界的名選手で元フィジー代表ワイサレ・セレビの息子SOピエールが加入した。身長187cm、体重95kgという大型BKであり、FWの強いチームにとってBK陣の大きな戦力のひとりとなろう。

日本大へ入った井上風雅は小柄ながら推進力がある

また168cmと決して大きな体躯ではないが花園ではボールキャリアを繰り返した東福岡出身のFL井上風雅、昨年度、初めて花園に出場した大分東明からはHO冨田大智、SO/CTB戸高央太、そして鹿児島工出身で身長182cm、体重118kgPR上猶湧介らも入部した。昨シーズン同様に、今季もルーキーたちがチームに勢いを与えるはずだ。

低い姿勢で突進する作田駿介は付属校から流通経済大へ

流通経済大には作田駿介ら付属校出身者

昨季、リーグ戦は3位だったが、大学選手権で初めて帝京大に土をつけた流通経済大。40名ほどが加わるが、付属の流通経済大柏(千葉)出身の選手が半数を占めるのが特徴だ。一昨年度、花園ベスト4に貢献したHO/CTBの作田駿介、CTB當眞寮ら16人が付属校出身である。他にも強豪の常翔学園(大阪)出身のPR玉永仁一郎や、コーチ陣の関係から同大学初の南アフリカ出身選手であるLOブレンダン・ネル、SOステファン・デュトイの2人、そして韓国出身選手も加入した。若き力の手も借りて、今シーズンこそは大学選手権ベスト4以上を狙いたい。

大東文化大のルーキー藤倉大介は防御にも積極的

 巻き返し狙う大東文化大にはPR藤倉大介ら

昨シーズンは序盤で黒星を重ねて4位となり、大学選手権出場を逃してしまった大東文化大。巻き返しを狙い有望選手をしっかりとリクルートした。御所実業(奈良)で活躍した高校日本代表SH稲葉聖馬はじめ、國學院栃木のスクラムを支えたPR藤倉大介、大阪桐蔭出身の身長196cmLO新屋快、御所実業出身のNo.8西林勇登の3人の高校日本代表候補も入部した。

大東文化大ではSHの座で南主将に挑む高校日本代表の稲葉聖馬

さらにFWとBKにそれぞれ一人ずつの留学生だけでなく、秋田中央のSO/CTB小田嶋生吹ら個の能力の高い選手も加わった。ルーキーがチーム力を底上げしそうだ。

 昨季5位だったが徐々に力をつけてきている専修大には御所実業のSO髙居海靖、東福岡出身のSH西村笙、CTB野中優作とスキルの高いBK陣が入部。昨シーズン6位の法政大には、付属の法政二高(神奈川)から5人が入部し、花園で準優勝した御所実業の主将で高校日本代表にも選ばれたFB石岡玲英、代表候補だった天理高(奈良)出身のSH山脇一真が加わった。

御所実を引っ張った石岡玲英は復活目指す法政大へ加入

3季ぶり昇格の関東学院大には立川ジュニアも

昨季は7位に終わりなかなか調子の上がらない中央大には、高校日本代表候補の尾道(広島)出身のHO藤原能、花園優勝の桐蔭学園(神奈川)のFL久松春陽大らが入部。今シーズン3年ぶりに昇格した関東学院大には、元日本代表FB立川剛士がコーチをしている関係もあり、息子のSO大輝を含めて佐賀工業から5人が加わった。昨季、関東リーグ戦所属のチームは全国大学選手権の決勝に進むことができなかったため、今年度、大学選手権に出場できる大学は3校のみの予定だ。3連覇を目指す東海大、日本大、自力があり優勝経験のある流通経済大、大東文化大、法政大、上位チームと対等に戦うことができるようになってきた専修大の間で熾烈な優勝争いが繰り広げられそうだ。

 

in Additionあわせて読みたい