大学陸上・駅伝

出雲全日本大学選抜駅伝が中止 「学生3大駅伝」初戦

昨年の出雲駅伝は國學院大學が初優勝を飾った(撮影・朝日新聞社)

10月11日に開催予定だった出雲全日本大学選抜駅伝競走を中止すると、主催の出雲市(島根県)と日本学生陸上競技連合が27日発表した。1989年から始まり、今年で32回目を迎える同大会が中止になるのは、2014年に台風の影響で開催されなかったのに続き2度目。

國學院大が三大駅伝初V アンカーの土方英和キャプテンが37秒差を逆転 出雲駅伝

出雲駅伝は、島根・出雲大社前~出雲ドーム前までの6区間45.1kmで争われ、11月の全日本大学駅伝対校選手権、翌年1月の東京箱根間往復大学駅伝と合わせた「学生3大駅伝」の初戦として注目されている。

出雲市は中止の理由を、「新型コロナウイルスの感染拡大のリスクを最小限に抑えるための対策を図り、選手・スタッフ・地元ボランティア等関係者の安全確保を第一に考え、規模を縮小しての運営も含めて、関係団体と検討を重ねてまいりました。その結果、新型コロナウイルス感染拡大の終息の見通しが立たない状況では、大会の安全な運営や選手・スタッフ・地元ボランティア等関係者の安全確保が困難であると判断し、大会開催の中止を決定しました」などと説明している。

in Additionあわせて読みたい