大学陸上・駅伝

順天堂大が1位通過! ルーキー三浦龍司が堂々の日本人トップ 箱根駅伝予選会

5位(日本人1位)は順天堂大ルーキーの三浦。1時間1分41秒と大迫傑が持っていたU20ハーフマラソン日本記録を6秒更新した(代表撮影)

第97回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会

10月17日@陸上自衛隊立川駐屯地周回コース(21.0975km)

1位 順天堂大学 10時間23分34秒
2位 中央大学  10時間26分13秒
3位 城西大学  10時間29分37秒
4位 神奈川大学 10時間29分59秒
5位 国士舘大学 10時間30分38秒
6位 日本体育大学 10時間30分49秒
7位 山梨学院大学 10時間30分50秒
8位 法政大学 10時間33分31秒
9位 拓殖大学 10時間33分46秒
10位 専修大学 10時間33分59秒
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11位 筑波大学 10時間34分17秒
12位 中央学院大学 10時間34分36秒
13位 麗澤大学 10時間36分07秒
14位 上武大学 10時間36分44秒
15位 駿河台大学 10時間38分05秒

10月17日、箱根駅伝の出場権をかけた予選会があり、上位10校が出場権を獲得した。今年は無観客の中、陸上自衛隊立川駐屯地内の 1周約2.6kmの周回コースを使い、ハーフマラソン(21.0975km)の距離で行われた。トップは順天堂大で、10年連続62回目の本戦出場となる。10位の専修大は2014年以来7年ぶりに箱根路への返り咲きを決めた。

46校547人が箱根駅伝予選会に挑んだ(代表撮影)

個人では拓殖大のジョセフ・ラジニが1時間0分13秒で全体のトップ。日本人1位は順天堂大のルーキー・三浦龍司(洛南)で、1時間1分41秒とこれまで大迫傑(早稲田大~ナイキ)が持っていたU20ハーフマラソン日本記録の1時間1分47秒を6秒更新した。日本人2位は筑波大の猿橋拓己(4年、桐光学園)だったが、筑波大は惜しくも11位となり2年連続の本戦出場はならなかった。

全体の1位は拓殖大のラジニ・レメティキで記録は1時間0分13秒。拓殖大は総合9位で本戦出場を決めた(代表撮影)

順大・三浦「初のハーフ、自信をつけられた

日本人1位でゴールした三浦龍司の話
「(ジュニア記録を更新)初のハーフ(マラソン)レースだったが、このような結果で自信をつけることができたと思う。夏合宿期間、高校時代より走り込むことができ、プラスけがなく乗り越えられた。練習の消化具合もよかったのが今回の結果につながった。(箱根駅伝では)今のところ6区(復路の山下り)希望になっているが、1、2区の前半も目指していいのかなと思っています」

in Additionあわせて読みたい