射撃

特集:いざ、東京オリンピック・パラリンピック

東京五輪の金1号は中国の大学生 一躍「ヒロイン」に

女子エアライフルで優勝した中国の楊倩は今大会最初の金メダルを首にかけて、ポーズを取る(撮影・恵原弘太郎)

 東京五輪で24日に競技全体の金メダリスト「第1号」となった射撃・女子エアライフルの楊倩(ヤンチエン)選手(21)が、自国の中国で大きな話題を呼んでいる。

明大ライフル射撃・平田しおり 父と二人三脚で届いた世界、夢の舞台・東京五輪へ

 「00後」と呼ばれる2000年代生まれの新世代。故郷の農村で射撃の才能を見いだされ、国内トップ校と言われる清華大学に進学した現役の大学生だ。「清華女神」などの愛称がつき、若い世代の憧れの的になっている。

 楊選手は浙江省寧波市の農村出身。中国メディアによると、小学4年生のころから地元の体育学校で射撃の本格的な訓練を始め、北京にある清華大の付属高校に進んだ。

 今回の東京五輪の中国選手の中では、他の選手がメダル圏内だとして期待されていたこともあり、新世代のメダリストの誕生を中国メディアは大きく報道している。

 報道によると、楊選手の小学生時代のコーチは「訓練中に疲れて銃を持ったまま寝てしまうこともあるほど、度胸のある選手。射撃に必要な心の強さを持っているから、がんばれると信じていた」とたたえた。

(瀋陽=平井良和)

=朝日新聞デジタル2021年07月24日掲載

朝日新聞デジタルで読む(会員登録が必要です)

in Additionあわせて読みたい