レスリング

特集:いざ、東京オリンピック・パラリンピック

レスリング・川井友香子が金 2019年世界選手権女王を破る

女子62kg級で優勝し、日の丸を掲げて喜ぶ川井友香子(撮影・加藤諒)

 東京オリンピック(五輪)第13日の4日、レスリング女子62キロ級の川井友香子(23)が決勝で、2019年世界選手権女王のティニベコワ(キルギス)を4―3で破り金メダルに輝いた。

最多は日体大の16選手! 旗手の早大・須﨑優衣ら東京五輪に70人余りの学生選手

 川井友は初戦、ロシア・オリンピック委員会(ROC)の選手にテクニカルフォール勝ち。2回戦はスウェーデン選手を10―2で破った。準決勝は18年世界選手権決勝で敗れたユセイン(ブルガリア)を3―2で破り、雪辱を果たした。

 姉はリオデジャネイロ五輪金メダルで、東京五輪女子57キロ級代表の川井梨紗子(26)。レスリング初の「姉妹で金」を目標に掲げている。

=朝日新聞デジタル2021年08月04日掲載

in Additionあわせて読みたい