レスリング

特集:いざ、東京オリンピック・パラリンピック

レスリング女子、川井梨紗子が連覇 友香子と姉妹で金メダル獲得

金メダルを手に笑顔を見せる川井梨紗子(右)と妹の友香子(撮影・細川卓)

 東京オリンピック(五輪)第14日の5日、レスリング女子57キロ級で川井梨紗子(26)が決勝でクラチキナ(ベラルーシ)を5―0で破り、リオデジャネイロ五輪(63キロ級)に続き、2大会連続で金メダルを獲得した。

レスリング・川井友香子が金 2019年世界選手権女王を破る

 妹の川井友香子(23)は4日に女子62キロ級で金メダルを獲得。レスリング初の五輪で「姉妹で金」を達成した。姉妹の夢をかなえた川井梨は、「こんないい日があっていいのかと。このために長い間いろんな思いを抱えて、それでもがんばってきて本当にいい日です。今日は」と喜んだ。

 川井梨は1回戦でギニアの選手を8―2で下し、2回戦ではモンゴルの選手を7―0で退けた。準決勝はリオ五輪女子53キロ級で吉田沙保里を破って金メダルに輝いたマルーリス(米国)を2―1で破った。

 川井梨は世界選手権でも17年から3年連続で頂点に立ち、優勝候補の筆頭だった。

=朝日新聞デジタル2021年08月05日掲載

in Additionあわせて読みたい