アメフト

神戸大・森分優人「泥臭くハードなフットボール」 関西1部主将インタビュー5

限界なく前進していく(撮影・ともに北川直樹)

関西学生アメリカンフットボールリーグ1部は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が延期になりました。4years.では1部に所属する各校のキャプテンにメールで6項目の質問を送付し、回答してもらいました。5人目は神戸大学のRB(ランニングバック)森分優人主将(4年、三田祥雲館)です。2020年の1部トーナメントでは準決勝で甲子園ボウルに出場した関西学院大に敗れました。今シーズンは旋風を巻き起こせるでしょうか。

質問1 2021年度のチームスローガン(テーマ)と、そこに込めた思いを教えて下さい。

2021年度のチームスローガンは「NO BOUNDS」です。
NO BOUNDSには大きく分けて2つの思いが込められています。
1つ目に常に日本一を意識して自分たちの現状に満足すること無く自他共に日々の取り組みに限界を作らず行動する事。
2つ目にチーム内の境界を無くして学年やポジション関係なく部員全員がチームに対して当事者意識を高く持って行動する事。
この2つを全員で徹底し、チーム一丸となって日本一に向かって突き進みます。

質問2 理想のキャプテン像を教えて下さい。

目標達成に向けて多くの人を巻き込む力がある人だと考えます。
チームで一つの目標を達成するには自分が先頭に立って頑張るだけで無く、部員全員で情熱を持って本気で目標に向かって行く必要があるため、苦しい事や辛(つら)い事から逃げずにチーム全員で支え合って秋シーズンを戦い抜きたいです。

質問3 自分自身の過去3年を振り返って、どんな自己評価をしていますか?

1回生の頃から試合に出させていただきましたが、上手(うま)くいかないことばかりで何度も悔しい思いをしてきました。
沢山(たくさん)失敗を重ねる中でコーチや先輩などから本当に多くの事を学ばせてもらいました。
選手としても主将としてもまだまだ未熟ですが、これまで学んだことを少しでも多くのチームメイトに伝えていきたいと思います。

スマートなRBとして信頼は厚い

質問4 チームにとって、4年生とはどんな存在であるべきだと考えていますか?

チームが良い方向に行くのも悪い方向に行くのもチームの軸である4回生次第だと考えているので4回生は自分のことだけで無く常にチーム全体の事を考えて行動し、どれだけ苦しい状況でも常に前を向き続けチームに良い影響を与えられる存在であるべきだと考えています。

質問5 コロナ禍、特に下級生は十分な練習を積めていないと思いますが、この秋、あなたがとくに期待する(期待できると思う)下級生の選手を一人挙げて、理由も教えて下さい。

3回生DL(ディフェンスライン)の寺川陸(松本深志)です。
高い身体能力の持ち主で、未経験ながら練習や試合でも常に存在感のあるプレイヤーです。
持ち前のスピードとリーチの長さで秋シーズンも大暴れしてくれることを期待しています。

質問6 最後にシーズンを心待ちにしているファンのみなさんへの言葉をお願いします。

ファンの皆様いつもレイバンズを応援していただきありがとうございます。
コロナ禍の中でも練習や試合ができることに感謝して、1プレー1プレー全力で戦いファンの皆様を甲子園ボウルに連れていきますので、僕たちの泥臭くハードなフットボールを楽しみにしていてください。

in Additionあわせて読みたい