野球

特集:2021年 大学球界のドラフト候補たち

巨人1位指名の翁田「そんなに評価されているとは」 甲子園経験なし

巨人1巡目指名の関西国際大の翁田は「ジャビット」を片手にポーズ(撮影・岡田健)

(11日、プロ野球ドラフト会議)

潜在能力抜群のドラフト上位候補 関西国際大・翁田大勢は猛アピールで逆境を跳ね返す

 巨人から1位指名された関西国際大の翁田(おうた)大勢(たいせい)は「自分ではそんなに評価されていると考えていなくて、思ったより早く指名された」と驚きを口にした。

 兵庫・西脇工高時代は甲子園経験なし。大学でも故障もあって4年春まで目立った実績はなかった。ただ筋力トレーニングの成果もあって入学時より10キロ以上球速が増した。150キロ台中盤の直球を武器に三振がとれる投手に急成長した。

 目標の選手として、大学の先輩の益田直也(ロッテ)をあげ、「抑えとして、ストレートでどんどん押せる投手になりたい」と意気込みを語った。

=朝日新聞デジタル2021年10月11日掲載

朝日新聞デジタルで読む(会員登録が必要です)

in Additionあわせて読みたい