駅伝

特集:第95回箱根駅伝

塩尻の区間賞なるか 順大、往路は3位以内に

塩尻の区間賞なるか 順大、往路は3位以内に
塩尻は4年目も2区を走る予定。「1分以内の差なら先頭まで行ってくれる」と長門監督は期待を寄せる

今年の箱根駅伝予選会で最も注目を集めたのは、順天堂大の塩尻和也(4年、伊勢崎清明)だった。本戦では、本人が「いまさら違う区間を言われても困ると思う」と言うように、スーパーエースの4年連続2区起用はほぼ確実だ。同じ4年生には2年連続で山登りの5区を走っている山田攻(4年、学法石川)もいる。箱根での勝負どころに万全の布石を打てる今回、長門俊介監督は「往路では3位以内、最低でも5位以内。チャンスなので、しっかりかたちに残したい」と意気込む。「力的には昨年以上」という言葉には、前回14秒差で泣いたシード権回復への思いがにじみ出ていた。

学生最後の走りを区間賞で

12月12日、箱根駅伝の合同取材ために順天堂大学さくらキャンパスを訪れた。キャンパスの目立つところには箱根に向けたポスターが貼られており、そのポスターのど真ん中には大きく塩尻の写真が使われていた。スーパーエースへの期待の大きさが、よく伝わった。

20kmからハーフマラソンに変わった今回の予選会で、塩尻は1時間1分22秒と日本人学生歴代5位(全体2位、日本人1位)の記録をたたき出した。塩尻は今シーズン、例年よりも長い距離を踏む練習に取り組み、自分でも自覚していたペース管理の不安を克服した。「よくも悪くも前半から突っ込んでいくタイプなので、後半に失速しがちでした」と塩尻。前回の箱根はまさにそんなレースとなり、過去最低の区間10位に終わった。

長門監督は克服のために練習のときから塩尻に課題を与えてきた。次第に自ら一つひとつ課題をクリアする姿勢を見せ、関東インカレでは最後まで勝負する走りを展開。アジア大会3000m障害(SC)では苦しい場面で粘り強さを発揮し、銅メダルを獲得した。「駅伝シーズンの前に習得してくれたことは大きいです」と長門監督は言い、自信をもって2区に塩尻を置く見通しだ。「1区は順位じゃない」と前置きをした上で、「いまの塩尻なら、1分以内なら先頭まで行ってくれるんじゃないかな。30秒以内なら確実に」と自信をのぞかせた。

塩尻自身は「学生最後のレースなので悔いなく走りたいです」と話す。個人としては区間賞を狙い、その上でチームに流れを引き寄せる走りを目指す。「自分は口で言うタイプではない」と話す塩尻だが、「結果を出してチームを勢いづけることは例年より意識してました。次はもういないので、シード権をとって後輩に残せるものは残したい」と、最上級生として自分が果たすべき責務を自覚している。

取材中もゆったりとした口調と独特のテンポで言葉を紡いだ塩尻だが、一度レースとなると一変。鬼気迫る表情で鬼の集中力を発揮する。「大学に入ってからよく言われます。『思ってたのと違う』って。ゾーンに入るとか、そこまでではないんですけど」。感覚的なものなのか、本人にもその正体がよく分からないようだ。ただ、記事で「あの塩尻和也に勝った」などと書かれると、簡単には負けられないという思いを強くするという。あの集中力は塩尻ならではの、負けず嫌いの表れなのかもしれない。

 順天箱根_3
塩尻や山田ら4年生が6人、3年生が6人、2年生が3人、1年生が1人、エントリーメンバー入りを果たした

山田は春から警察官に

もうひとりのキーマン、山田は「山がなかったら走り続けてなかったかも」と話す。タイムが上がらなかった2年生のときに上りに取り組み、上りなら走れるという自信をきっかけに、平地でも結果を出せるようになったという。それでも、「上りが得意」とは言わず、「上りは苦じゃない」という姿勢だ。「5区のどのあたりがきつい?」という質問に、「前回は全体的にきつかったです。上りはきついんで全部きつい」と笑いを誘った。だが、そのための努力は惜しまない。2年生のときから週3~4回、山登りのために前側の筋肉を鍛える筋トレとして、鉄棒での懸垂逆上がりを続けてきた。

卒業後は警視庁へ就職する。大学生になってから警察官への思いを抱き、働きながら走れる環境も魅力的だった。ただし、陸上は大学で一区切り。山田にとって陸上で一番輝くところにあったのが箱根だった。今回の箱根が本気で陸上に取り組める最後のレースだ。箱根を駆ける一歩一歩にありったけの情熱を込めることだろう。

順天箱根_2
自身の「山を攻める」の名前にちなみ、「攻めないとだめだなと思ってます」

箱根を前にし、塩尻も山田も一番状態がいいと長門監督は見ている。年々熾烈さを増すシード争いから一抜けするのは順大か。スーパーエースの学生最後の走りとともに、「今回がチャンス」と話す順大の勝負強さに期待したい。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む

Related Topics関連する記事