自慢の企画面 大東大・髙木彩衣【わっしょい新編集長】

髙木編集長を中心に、紙面の隅々まで妥協しない

体育会系の部と同じように、各校の大学スポーツ新聞も新体制へと移行しました。大学スポーツ新聞の活動は、たいてい3年間です。4years.よりもさらに短い期間に青春をかけ、大学スポーツの現場にいちばん近く、いちばん長く寄り添うのです。同じ大学の仲間のプレーに涙を流しながら写真を撮り、また思い出して泣きながら原稿を書きます。大学スポーツの中には、大学スポーツ新聞という生き方も含まれていると思うのです。さあ、春はそこまで来ています。4years.が提携する大学スポーツ新聞の新編集長にラストイヤーへの思いをつづってもらう連載「わっしょい新編集長」をお届けします。

スポーツ大東編集部の新聞発行は年4回。日頃取材して得たものをまとめて新聞にするため、部員の熱の入りようは尋常ではない。中でも紙面に掲載する記事を決定する会議は、常に白熱する。スポダイ紙面の顔ともいえる1面と6面はもちろんのこと、小さな結果記事に至るまで、紙面争奪戦が繰り広げられる。

本学の今シーズンの注目ポイントは数えきれない。「今年こそは」と駅伝の優勝を狙う女子長距離、箱根駅伝5大会ぶりのシード権獲得を狙う男子長距離、黄金世代が活躍するスケート部、男女ともに全日本学生王座決定戦への出場を狙う弓道部、王者奪還に挑むバスケットボール部に、3年連続のインカレ出場を目指す女子サッカー部。1部昇格を狙う男子バレーボール部やインカレ団体5連覇を目指すテコンドー部、昨年の悔しさを胸に日本一を目指すラグビー部など、多くの部活に期待がかかっている。どの部の記事が1面、6面を飾るのか、ぜひご注目を。

スポダイでは毎号5面を企画面にして、様々な企画を打ち出してきた。例えば「食」をテーマにボクシング部や相撲部にインタビューしたり、熱中症対策について保健室に聞いてみたり。編集会議で決めた企画を、面の責任者を中心に、部全体が協力してつくり上げる。一つの面にほぼすべての部員が関わるのは、大学スポーツ新聞でも珍しいのではないだろうか。そうやってできた企画面は、スポーツに興味がない人でも楽しめるの。これもスポダイの特徴であり魅力だ。

スポダイの活動は新聞作成のみにとどまらず、試合状況をリアルタイムで届けするTwitterやネット上のブログのほか、各クラブの主将を紹介する「キャプテンスピリッツ」(主にスクールバス車内に掲載)という露出の仕方もある。スポダイは創刊から50年という歴史を持つが、これからも、同じ大学の選手が真剣に競技に向き合う姿と活躍を、大学内外問わずに発信していきたい。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む