盛り上げる 駒大・奥野凌河【わっしょい新編集長】

奥野編集長をはじめとしたコマスポ編集部では写真を生かした紙面作りを心がけている

体育会系の部と同じように、各校の大学スポーツ新聞も新体制へと移行しました。大学スポーツ新聞の活動は、たいてい3年間です。4years.よりもさらに短い期間に青春をかけ、大学スポーツの現場にいちばん近く、いちばん長く寄り添うのです。同じ大学の仲間のプレーに涙を流しながら写真を撮り、また思い出して泣きながら原稿を書きます。大学スポーツの中には、大学スポーツ新聞という生き方も含まれていると思うのです。さあ、春はそこまで来ています。4years.が提携する大学スポーツ新聞の新編集長にラストイヤーへの思いをつづってもらう連載「わっしょい新編集長」をお届けします。

駒大は体育会系の部活動が盛んな大学として有名です。そのため「コマスポ」は駒大生や駒大OB・OG、駒大運動部を応援する多くの方にご覧いただいております。

コマスポは全面フルカラーであることが大きな特徴です。フルカラーであることで写真を最大限に生かすことができ、凸版やステに変化をつけることもできます。そのほかの特徴としてはスポーツだけにとらわれず、旬なニュースも取り扱っていることが挙げられます。毎号「文化面」というスポーツ以外の記事を掲載する面があり、とくに春号では、芸能人にアポイントを取って、そのインタビュー記事を終面に掲載しています。スポーツに興味がない方にも読んでいただけるような紙面を制作していきたいと思っています。

新編集長として、コマスポが多くの方々の目に触れている自覚をもって新聞制作に取り組んでいきたいと考えております。また、選手や選手の関係者がご覧になって、思い出の形として残せるような紙面を作り上げていきたいです。

この仲間たちとともに、選手たちのかけがえのない瞬間を伝えていく

今年の箱根駅伝4位で復活の兆しを見せた陸上部は3強(東海大、青山学院大、東洋大)崩しに燃え、東都大学秋季リーグの1部優勝決定戦で惜しくも立正大に敗退した野球部は、新体制で1部リーグ優勝を目指しています。18年シーズンに東京トーナメント優勝、インカレ準優勝の成績を残したサッカー部もタイトル獲得を目指し、動き出しました。このほかの部活も年々勢いを増しています。私たちコマスポも駒大運動部を盛り上げていけるように、さまざまな媒体を使って発信していきたいと考えています。いままでとは違う新しいコマスポをぜひご覧ください。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む