大学陸上

特集:第30回ユニバーシアード

名城大・加世田梨花 自分と向き合い、世界へ挑む

ラストの直線で顔をゆがめる加世田

日本学生女子ハーフマラソン選手権

3月17日@松江市
2位 加世田梨花(名城大2年=当時、成田) 1時間11分29秒

第22回日本学生女子ハーフマラソン選手権は3月17日、今夏のユニバーシアード代表選考会を兼ねて松江市であり、大東文化大1年(当時)の鈴木優花(大曲)が1時間11分27秒で優勝した。2秒差の2位には名城大2年(当時)の加世田(かせだ)梨花(成田)、8秒差の3位には松山大1年(当時)の田川友貴(ゆうき、盛岡誠桜)が入った。この3人が7月にイタリア・ナポリで開かれるユニバーシアードのハーフマラソン代表に内定した。

最後の直線に入ると、加世田は悔しさのにじんだ表情になった。そのまま2位でゴールした。「優勝してユニバーシアードを決めたい、ってのが一番にありました。もっと手前で仕掛けたら勝ちきれたという部分があって、そこはすごく悔しくて……」

遅かった仕掛け

10kmまでスローペースで進んだレースの優勝争いは、20km付近で鈴木と加世田に絞られた。20.2km付近でまず加世田が前に出た。しかし鈴木を振りきるには至らない。20.6kmで鈴木に出られると、加世田はもう追いつけなかった。
「ほんとは15kmすぎで自分が勝負しないといけなかったんですけど、そこで仕掛けられなかったのが、まだ自分に自信がないからです」

表彰式で笑う加世田

昨年のインカレで10000mを制した名城大のエースも、このハーフマラソン前は心が乱れた。「ユニバーシアードを決めなきゃいけないというプレッシャーに、自分自身が耐えきれなかったんです。気が立ってしまって、夜もなかなか寝付けなくて。そういう不安もあって、早めに勝負できなかったんだと思います」
米田勝朗監督に「絶対にユニバを決めたいと思ってるヤツがプレッシャーを感じるのは当たり前だ。そこに耐えていかないと、もっと大きな舞台では勝負できない」と言われ、少し気持ちが前に向いたそうだが、平常心では準備できなかった。

ナポリでは金メダルを

1位の鈴木、3位の田川(右)と談笑する加世田

鈴木には2秒差で負けたが、ナポリ行きのチケットは確保した。「次は自分が主導権を握るレースをして、勝負を決められる走りを自分からして、金メダルをとりたいと思います」。加世田は言った。3月30日にはデンマークであった世界クロスカントリー選手権で46位。過酷なコースで世界の壁の高さを思い知った。自身のツイッターで、こう記した。「何度も泣きそうになるくらいキツかったけど、とても良い経験をする事が出来ました。まだまだ力不足で全然良い走りが出来ず悔しいですが、いつか世界でしっかりと戦えるように自分と向き合って強くなっていきたいと思いました。日本からのたくさんの応援ありがとうございました😊」

一つひとつの経験をパワーにして、加世田はひた走る。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む