大学陸上・駅伝

特集:第103回日本陸上競技選手権

関西大・坂井隆一郎、「夢の世界」初の日本選手権男子100m決勝で6位に!

日本の大学生で唯一の決勝進出を果たした坂井(右)は6位だった(撮影・藤井みさ)

第103回日本陸上競技選手権 第2日

6月28日@博多の森陸上競技場
男子100m 決勝(向かい風0.3m)
1位 サニブラウン・ハキーム 10秒02(大会新) 
2位 桐生祥秀        10秒16
3位 小池祐貴        10秒19
4位 飯塚翔太        10秒24
5位 多田修平        10秒29
6位 坂井隆一郎       10秒31
7位 川上拓也        10秒31
8位 ケンブリッジ飛鳥    10秒33


陸上の第103回日本選手権第2日は628日、今秋のドーハ世界選手権の代表選考会を兼ねて福岡・博多の森陸上競技場であり、男子100m決勝は20歳のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3m)で2年ぶり2度目の優勝。世界選手権代表に内定した。桐生祥秀(日本生命)が10秒16で2位、小池祐貴(住友電工)が10秒19で3位に入った。

日本の大学生でただ一人決勝に進んだ関大4回生の坂井隆一郎(大阪高校)は2レーンで走り、10秒31で6位だった。坂井はレース後のインタビューに「やっと夢の舞台に立てたなという気持ちですけど、やっぱり上の選手は強かったです。差を思い知らされた感じです。日本で6番、というのはちょっとうれしいですけど、それよりも差が大きすぎて、それに対しての悔しさが大きいです。今後そこを埋められるように頑張っていきたいです」と語った。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む