大学陸上・駅伝

特集:第51回全日本大学駅伝

立命館大がトップ通過、関西学院大、京都産業大も伊勢路へ 関西地区選考会

トップ通過で本大会出場を決め、喜ぶ立命館大の選手たち(写真はともに撮影・安本夏望)

第51回全日本大学駅伝対校選手権  関西地区選考会

6月30日@京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
1位 立命館大 4時間7分38秒
2位 関西学院大 4時間10分3秒
3位 京都産業大 4時間10分25秒
4位 大阪経済大 4時間13分56秒
5位 びわこ学院大 4時間14分40秒

51回全日本大学駅伝(113日)の出場権をかけた関西地区選考会が6月30日に開かれた。12校が参加し、立命館大が1位で19大会連続31回目の本大会出場を決めた。2位の関西学院大は2大会ぶり9回目、3位の京都産業大は7大会連続47回目の出場となった。各校10人がそれぞれ10000mを走り、上位8人の合計タイムで競った。最終の4組は立命のエース今井崇人(4年、宝塚北)と関学のエース石井優樹(4年、布施)の一騎打ちとなったが、残り150m付近でラストスパートをかけた石井が今井を抜き去り、トップでゴールした。

最終4組のトップでゴールした関西学院大の石井(左)と2位だった立命館大の今井

まったく満足いかない結果

立命館大・今井崇人の話
「今シーズンは調子がよくなくて、でもこの選考会前はいい練習ができたと思ってました。でも実際に走ってみると自分で引っ張れるほどの自身はぜんぜん戻ってなくて、途切れ途切れで出る感じでしか引っ張れなかったので、満足のできない走りになったと思います。最後は自分の力を出しきることだけ考えました。出しきったと思います。残り200mで(関学の石井に)後ろに着かれてたときは『やばいな』と思ったんですけど、最後まで自分の力を出しきることだけ考えました。出雲、全日本と戦っていくなかで、関西ではダントツで優勝しないといけないと思ってたんですけど、最初から危ない状況で、最後は2分差つきましたけど、正直まったく満足できない結果ですね」

関学の襷でも区間賞を

関西学院大・石井優樹の話
「去年の選考会で負けた悔しさがあって、とにかく通過しないといけないと思ってました。そのこともあって、(自分のレースの)中盤は慎重にいきすぎました。もう少し早く仕掛けるべきだったんですけど、誰かが仕掛けてくるのを待ってしまった。(残り1000mで)やはり今井がきたので、最後は関西王者として食らいついた。去年は日本学連選抜で1区を走って、選抜チーム初の区間賞を取れました。今年は関学の襷(たすき)で、もう一度区間賞を取りたいです」

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む