陸上

特集:第51回全日本大学駅伝

新潟大が2大会ぶり12回目の全日本大学駅伝出場 北信越地区選考会

新潟大は最後の第3組で信州大を逆転し、本選出場をつかんだ

第51回全日本大学駅伝対校選手権  北信越地区選考会

7月13日@長野市営陸上競技場
1位 新潟大 4時間18分54秒
2位 信州大 4時間20分9秒
3位 新潟医療福祉大 4時間20分25秒
4位 金沢大 4時間31分0秒
5位 富山大 4時間34分54秒
6位 金沢工業大 4時間57分32秒
※金沢星稜大は棄権

51回全日本大学駅伝(113日)の出場権1枠をかけた北信越地区選考会が7月13日に開かれた。7校が参加し、新潟大が1位で2大会ぶり12回目の本大会出場を決めた。

選考会では各校8~10人がそれぞれ10000mを走り、上位8人の合計タイムで競った。新潟大は第2組で森悠人(3年、佐渡)が30分50秒92という総合トップの記録でチームを引き上げたが、第2組終了時点では信州大が首位だった。最後の第3組で岩渕健(5年、東葛飾)、鈴木駿太郎(2年、長井)、鈴木基史(5年、山形南)の新潟大勢が1~3着を独占。信州大に1分15秒差をつけて1位となった。

「新大の和」でつかんだ勝利

森(左)は5月の北信越インカレで5000mと10000mの2冠を果たすなど、新潟大のエースとして、また、中長距離ブロック長としてチームを引っ張っている

新潟大陸上競技部中長距離ブロック長・森悠人の話
「去年はひとり3秒ちょっとの差で新潟医療福祉大に負けたんですけど、それで何が足りなかったのか考えた時に、チームとしてのまとまりだと思いました。だから今年はそのまとまりを強固にしようと考え、中長距離ブロックで『結べ新大の和』というスローガンを掲げました。今日は誰かひとりのおかげとかじゃなくて、そんな新大の和というみんなのチーム力で勝てたなって思いました。全日本大学駅伝では前回大会から区間距離は変わりましたけど、それでもトータルで新潟大の最速タイムを出したいです。国公立大の誇りをもって強豪校に挑んでいきます」

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む