野球

関大の「遅咲き」森翔平 この春の熱投で名を揚げ、着実に足場固めた

関学戦で圧巻のピッチングを披露し、雄叫びを上げる森

粒ぞろいの投手陣がチームを支える関大野球部に、頼もしいピッチャーがまた一人現れた。3回生で初のベンチ入りを果たした「遅咲き」の森翔平(4年、鳥取商)。この春のリーグ最終戦では初先発も果たした。

魂のピッチングで、初先発を引き寄せた

その名を一気に揚げたのは、春の関学戦でのこと。延長10回から登板した森は1点差の緊張感の中、左腕を思いきり振り下ろす熱投で関学打線を封じ込めた。4イニングを投げ、奪った三振は8。緩急の差を武器に次々とバッターを斬り、マウンドで吠えた。しかし味方の援護に恵まれず、規定により13回打ち切りで引き分けた。

関学戦の前の節にあった同大戦で、森は悔しさを味わっていた。1回戦、1点ビハインドで迎えた7回。この回から森に託されたが、簡単に2点を許し、1イニングを投げきれずに降板。その屈辱を払拭するべく臨んだのが、関学戦のマウンドだった。

関学戦で好投した森に、首脳陣は再びチャンスを与えた。春の最終カードとなった対近大2回戦での大学初先発。「やっぱり先発がしたかった」と森。願いがかなった瞬間だった。

ひたすら練習を続け、試合ごとに増す存在感

春のリーグ戦後には大学野球関西オールスター5リーグ対抗戦にも出場。普段はライバルである関西学生リーグの選手たちと一緒に戦った。森は準決勝でリリーフ登板。わずか1点リードという緊張感の中で3イニングを投げ切り、大会の優秀選手に選ばれた。

森の存在感は、試合を重ねるごとに増していく

吉川峻平(現・ダイヤモンドバックス傘下1Aバイセリア)、阪本大樹(現・大阪ガス)、そして山本隆広(現・日本生命)。森は歴代の関大のエースたちにあこがれを抱き、ひたすら練習を続けた。1、2回生のころはメンタル面も弱く、技術のなさから自信を持てなかった。ようやくベンチ入りを果たしたのは3回生の春。そこからは、それまでの2年間を巻き返す勢いで着々と経験を積んでいった。

「流れを引き寄せるピッチャー」に

勝ちたい、優勝したい。強い思いをもって森はこれからも挑む

実績が少ない中で登板機会が増えてきたのはよかったが、この春は自分の投球が勝利につながることは少なかった。「リリーフは流れが悪いときに出ていくことも多いから、その流れをガッと持ってくるのが仕事」と森。「流れを引き寄せるピッチャー」という理想を胸に、マウンドに立ち続けた。ゼロで抑えれば、負けることはない。最少失点で抑え、野手の援護を待つ。どれだけ好投を見せても、試合を勝ち取れなければ意味はないと、まだまだ納得はできない。

「勝ちたい。絶対優勝したい」。何度も口にしてきた言葉だが、かなえるのは簡単ではない。秋の優勝への流れを引き寄せるため、森はその左腕を振り続ける。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む