大学アメフト

関大アメフト、3年ぶりに京大戦勝利! 7日に神戸大と対戦

第1Q10分すぎ、先制TDを決めたRB吉田

関西学生リーグ1部 第1節

8月31日@大阪・エキスポフラッシュフィールド
関西大(1勝)38-7 京都大(1敗)

関西大学の秋のリーグ初戦の相手は、ここ2年苦杯をなめ続けてきた京大だった。先制しながら同点に追いつかれたが、第4クオーター(Q)に三つのタッチダウン(TD)を集め、38-7と圧勝。10年ぶりの学生日本一へ向け、「ホーム」の万博で好スタートを切った。

春から好調の守備陣が京大を抑え込む

関大はこの日2度目のオフェンスシリーズを実らせた。自陣26ydからのパス、ラン、パス、ランでゴール前13ydへ。最後は副将のRB吉田圭汰(4年、桜宮)がボールを持ち、右オープンを駆け抜けて先制のTD。だが第2Q中盤に追いつかれた。嫌な流れを振り払ったのは、DB坊農賢吾(3年、関大一)だった。京大オフェンスのミスを突いた。センターのスナップが乱れ、転がるボールをつかみ、そのままエンドゾーンに飛び込んでTD。主将のWR小田康平(4年、関大一)も「あれが決定打になったと思います」と絶賛したプレーだった。

この後もDL藤原航(4年、松陽)が鮮やかなQBサックを決め、第4QにはLB山根一真(4年、近大付)がインターセプト。春から好調をキープするディフェンス陣が存在感を発揮し、京大オフェンスを抑え込んだ。

第4QにインターセプトリターンTDを決め、喜ぶDB竹内

第4QはTDラッシュ。RB吉岡沢(4年、追手門学院)がランで持ち込むと、DB竹内和輔(4年、関大一)が30ydのインターセプトリターンTD。そしてQB渡邊貴信(3年、虎姫)がゴール前1ydから自ら持ち込み、終わってみれば38-7の圧勝だった。

1試合1試合やりきる

試合後、主将の小田は「この京大戦にかけてきたので、勝ったことはいいことです。いまの4回生しか京大に勝ったことを知らないし、いままで負けてきて悔しさがあった。今日はみんながまとまって戦えたと思う。ずっと負け続けてる京大に勝てたのはいいことだし、勢いには乗れる。でも調子には乗らないように。今日勝っても、次負けたら意味がなくなる。1試合1試合やりきれば、後から結果はついてくるはず」。その口調が頼もしかった。

QBサックを決め、喜ぶDL藤原(中央)

次戦は9月7日、初戦で近大を下した神戸大と対戦する。決して侮れない相手ではあるが、京大戦で得た自信は、紫紺の皇帝たちに大きな力をもたらすに違いない。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む