大学陸上

特集:第88回日本学生陸上競技対校選手権

1500mの東海大・飯澤千翔 天国と地獄を味わったルーキーの雄叫び

飯澤はゴールの瞬間、雄叫びをあげた(撮影・藤井みさ)

第88回日本学生陸上競技対校選手権 男子1500m決勝

9月13日@岐阜メモリアルセンター 長良川競技場
1位 飯澤千翔 (東海大1年) 3分43秒07
2位 小林青 (鹿屋体育大2年) 3分43秒47
3位 舟津彰馬 (中央大4年) 3分44秒98
4位 谷野航平 (青山学院大4年) 3分45秒31
5位 ダニエル・カヨウキ(桜美林大1年) 3分45秒41
6位 原田凌輔 (順天堂大2年) 3分46秒77
7位 前川優月 (東京国際大3年) 3分46秒96
8位 木村理来 (東海大4) 3分47秒01

陸上の日本学生対校選手権(日本インカレ)2日目の9月13日、男子1500mの決勝があり、東海大の飯澤千翔(かずと、1年、山梨学院)が3分43秒47で優勝した。関東インカレを制したゴールデンルーキーが、全国の舞台でも頂点に立った。

東海大のゴールデンルーキー飯澤千翔、日本インカレ1500mを制す

追いつかれそうになっても、前だけ向いた

飯澤はラスト100mからスパートをかけ、追ってくる鹿屋体育大の小林青(あおし、2年、祇園北)と中央大の舟津彰馬(4年、福岡大大濠)を完全に振り切った。ゴールした瞬間、右手を高く突き上げるガッツポーズを決め、雄叫(おたけ)びをあげた。「関カレ(関東インカレ)のときは接戦でガッツポーズができなかったので、今回はうまく決められました」。あどけなさの残る笑顔を見せた。

理想のレースとは少々違った。序盤、飯澤はダニエル・カヨウキ(1年、桜美林大)にぴったりとついた。勝負をかけようと考えていた800mで、舟津と小林がぐんぐんと追い上げてきた。「マジで危なかった。ラスト300mのところから電光掲示板(の映像)を見たら、僕の後ろに人がいたので、『ヤバイなぁ』と。何回か追いつかれそうになったけど、前だけ向いて走ろうと思いました」。10人ほどの報道陣の前で、興奮を隠しきれない様子で言った。

800mで勝負をかけた飯澤(中央)の後ろに小林(左)と舟津(飯澤の右肩に顔)が迫っていた(撮影・安本夏望)

出雲駅伝のメンバー入りも視野に

大学生になって6カ月足らずだが、確かな手応えをつかんだ。東海大主将の館澤享次(4年、埼玉栄)にも、大学に入ってから1500mで4戦3勝。5月の関東インカレでは0秒01差で競り勝った。その一方で6月の日本選手権では実業団選手たちのスピードについていけず、最下位に終わった。1カ月あまりの間で天国と地獄を味わった。「いま調子がいい分、落ちるときは落ちそう。いま以上の調子を、慌てずじっくりつくっていきたいです」

10月19日には新潟で開催される日本グランプリシリーズ「Denka Athletics Challenge Cup2019」に出場する。今シーズンの1500mラストレースだ。「大学1年生のうちに、できれば(3分)40秒を切りたいので、最後のチャンスになります」と意気込む。

1区間の距離が短い出雲駅伝ではメンバー入りの可能性がある(撮影・藤井みさ)

1500mが専門のルーキーは、目前に迫った駅伝シーズンにも目を向けている。出雲駅伝は1区間の距離が短いため、出場の可能性が十分にある。「これから先が重要になります。駅伝のメンバー争いにも絡んでいきたいです」。今年の箱根駅伝で初の総合優勝を飾った東海大は、学生駅伝3冠を狙っている。飯澤も紺と白のたすきをかけ、その一翼を担えるか。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む