大学陸上・駅伝

特集:第88回日本学生陸上競技対校選手権

日本インカレ5000mでエース対決制した青学・𠮷田圭太「自分たちはまだ弱い」

5000mで日本勢トップでの3位入賞にガッツポーズを見せた(撮影・安本夏望)

第88回日本学生陸上競技対校選手権 男子5000m決勝

9月14日@岐阜メモリアルセンター 長良川競技場
1位 イェゴン・ヴィンセント(東京国際大1年)13分35秒75
2位 レダマ・キサイサ (桜美林大4年) 13分39秒05
3位 𠮷田圭太 (青山学院大3年) 13分43秒54
4位 ローレンス・グレ(札幌学院大2年) 13分51秒54
5位 浦野雄平(國學院大4年)13分58秒59
6位 ジョンルカ・ムセンビ (東京国際大1年) 13分59秒10
7位 ダニエル・カヨウキ (桜美林大1年) 13分59秒61
8位 菅原伊織 (城西大3年) 14分2秒88

陸上の日本学生対校選手権(日本インカレ)が9月12~15日、岐阜で開催された。目前に迫った駅伝シーズン開幕に備えて出場を見送る長距離ランナーもいる一方で、ここで勝ってチームを勢いづけたいと意気込む選手たちもいる。エース級がそろった男子5000mで強さを見せつけたのが、青山学院大の𠮷田圭太(3年、世羅)。外国人留学生たちにも挑み、13分43秒54の自己ベストで日本勢トップ。「各大学のエースと勝負するというのを目標にしてたので、日本人トップの3位になれてよかったです」と、喜びをかみしめた。

日本インカレ5000m、青学・𠮷田圭太が自己ベストで日本勢トップ

小松陽平と浦野雄平の攻める姿勢に「負けていられない」

レースは東京国際大のイェゴン・ヴィンセント(1年)が引っ張るハイペースな展開となった。留学生らの先頭集団に東海大の小松陽平(4年、東海大四)と國學院大の浦野雄平(4年、富山商)、そして𠮷田が食らいつき、最初の1000mは2分45秒、1000mから2000mは2分43秒とラップを刻んだ。まず小松が後退し、先頭集団は浦野と𠮷田を含む6人となった。

ラスト5周で𠮷田がグッと前に出る。浦野との差は広がり、優勝争いはヴィンセント、レダマ・キサイサ(桜美林大4年)、𠮷田の3人絞られた。𠮷田はレース前、後方でレースを進めるプランを考えていたが、小松と浦野が前に出ると「これは負けていられない」と思い直し、前に出た。そして先頭集団が3人になると「トップを狙ってやろう」という思いで勝負に出た。しかしラスト3周でふたりとの差が広がり、そこからは単独走でゴールした。

ラスト5周で𠮷田(1番)は浦野(17番)を抜き、3番手に上がった(撮影・松永早弥香)

レース後、𠮷田はまず「想像以上に走れたというのが正直なところ」と口にした。7月17日のホクレン北見大会での13分49秒33に続く自己ベスト更新に、𠮷田自身が驚いている様子だった。その一方で「最後離れてしまって力の差を感じました。去年(日本インカレ5000m)が3位、今年も3位だったので、来年は優勝を狙いたいなと思いました。最後もう一段階上げて勝ちきるレースができるように、これから頑張りたいです」と課題も語った。

NZ留学から始まった今シーズン

𠮷田は在籍する地球社会共生学部のカリキュラムで、2月21日からの4カ月半の間、ニュージーランドに留学していた。同学部の留学は通常、タイやマレーシアなどが留学先になるが、𠮷田と神林勇太(3年、九州学院)のふたりは現地で練習もできるようにと、青学OBのつてで特別にニュージーランドへ行った。現地では世界各国から来た留学生らとともに週5日は英語を学び、授業の合間をぬって神林と練習に取り組んだ。現地ではスピード練習よりも、駅伝を見すえて距離を踏み、起伏のあるコースを走った。「上りでも粘れるようになりました」と成果を感じている。

そして7月8日に帰国。日本と気候が正反対のため、日本の夏の暑さは体に堪えた。ホクレン北見大会では5000mの自己ベストは出たが、そこまでの練習は思うように走れなかったという。8月4日から夏合宿が始まり、距離を踏んで駅伝シーズンを戦い抜く下地をつくる中で、次第に思い通りの走りができるようになった。それが今回の自己ベストにつながった。9月16日からは新潟・妙高での3次合宿が始まった。「ここから実戦的な練習が入ってくるので、もっともっとレースに対応できるような動きをつくっていけたら」

「最後のスピード勝負で留学生に負けたので、そこがいまの課題です」と𠮷田(右端)(撮影・安本夏望)

弱いと自覚しているからこそ貪欲に

昨シーズンを振り返ると、青学は出雲駅伝、全日本大学駅伝を制し、史上初の「2度目の三冠」へ王手をかけたが、箱根駅伝では2位にとどまった。𠮷田自身は学生三大駅伝すべてに出場し、いずれも区間賞をとった。「去年までは先輩におんぶにだっこの状態で走ってて、『先輩についていけば、いい結果が出る』と、何も考えずに取り組んでました」

今年はチームが一新した。「周りからは戦力ダウンと言われてますけど、それは自分たちも自覚してます」と𠮷田。その一方で、これまでの夏合宿では、昨年よりはるかにチームの雰囲気がいいと実感している。「自分たちはまだまだ弱いと自覚してる分、練習にも貪欲ですし、そういう高い意識を持ってる選手が多いかなと思います。それがいい結果に表れるように頑張りたいです」。これまで先輩がしてくれていたように、今度は自分がチームを引っ張り、いままで以上に結果にもこだわりたい。その思いが日本インカレでの走りにも表れていた。

日本インカレで各校のエースに勝ち、𠮷田は青学大チームに勢いをもたらした(撮影・安本夏望)

今シーズン、𠮷田はまず、箱根駅伝での優勝を目標に掲げている。そのために出雲駅伝から優勝を狙っていく。全日本大学駅伝は、まだ2度の優勝にとどまっている。「なかなか相性が悪いというか合わせづらい大会なんですけど、そこで結果を残すことで箱根につながると思いますし、やっぱり去年より強くなったということをどこかで見せられたらいいなと思ってます」。伊勢路で青学初の連覇を目指す。

「自分たちはまだまだ弱い」。エースのその思いが、ここから青学を強くする。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む