大学サッカー

特集:天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権

法政サッカーのキャプテン加藤威吹樹、追いかけ続ける「兄弟の夢」

加藤はキャプテンとして、チームを鼓舞し続けた

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権4回戦

9月18日@山梨中銀スタジアム
法政大 1(延長)2 ヴァンフォーレ甲府

サッカー天皇杯の4回戦(ラウンド16)で、法政大はJ2のヴァンフォーレ甲府に延長戦の末、1-2で敗れた。法大は今大会でJリーグの2チーム(東京ヴェルディ、ガンバ大阪)を撃破。見事な戦いぶりが光ったが、それでもキャプテンのDF加藤威吹樹(いぶき、4年、サンフレッチェ広島FCユース)は試合後、きっぱりと言った。「こういう場でもっと勝っていくことでチームとしても個人としても評価が出てくる。ベスト16という結果について、満足はしてないです」

天皇杯ではじめて先制され、リズムが崩れた

勝てば1993年のJリーグ発足以降、大学生チームとして初の天皇杯8強入りだった法大だが、前半27分に先取点を許した。後半32分に途中出場のMF森俊貴(としき、4年、栃木SCユース)のゴールで追いついたが、延長前半3分に勝ち越され、力尽きた。

ここまで無失点で勝ち上がってきた法大にとって、何より痛かったのが先に点を与えてしまったことだ。前半27分、最終ラインの背後にロングフィードを通された流れから失点。キャプテンの加藤は選手たちを集め、いまいちど戦い方を確認し合った。法政のキックオフから試合再開。仕切り直して反撃を試みた。しかし、今大会で初めてリードを許す展開となったためか、それぞれの意識にズレがあったと加藤は感じていた。

「動揺ではないですけど、試合運びという部分がより難しくなったかなと感じてました。本来ならボールをつなぎながら組み立てていくんですけど、チームとして攻撃だったり守備だったり、方向性がバラバラになってましたね」

試合終了後、がっくりと肩を落とす加藤

その後、法大は何とか持ち直したが、同点に追いつくのがやっとだった。延長戦でも果敢にゴールを目指したが、ヴァンフォーレ甲府の堅い守備をこじ開けられない。ベスト16の壁はついに突破できなかった。

同じプロでも、Jクラブを立て続けに倒してきたここ2試合とこの日の違いを尋ねてみると、加藤は「2試合勝ったことで、どこか気の緩みがあったかもしれませんね」と返し、続けた。「過信があったんじゃないかなというのはチームとして感じてました。あとは総理大臣杯も含めて、試合が続いてた中で準備の部分が足りなかったかな、と。大学生のほうが若いですし、延長戦になれば走れるかなという自信があったんですけど、相手も同じくらいの体力がありました。ゲーム運びがいまかった部分もありますけど、準備の部分がより大切になってくるのかなというのをすごく感じた試合でした」

遅刻の責任を取り、丸刈りで天皇杯に出場

加藤にとって、この試合は“復帰戦”だった。準優勝した総理大臣杯で遅刻をしてしまい、その罰としてしばらく試合から遠ざかっていた。そのため、総理大臣杯ではチームのサポート役に回り、9月14日にあった関東リーグの流通経済大戦にも出ていない。最後に公式戦に出たのは1カ月ほど前。ヘアスタイルが短髪から丸刈りに変わりはしたが、屈強な相手にもひるまず立ち向かうDFとしての姿勢は健在だった。

丸刈りにしたのは、自分なりのけじめだ

「(丸刈りは)責任としてですね。試合に出られないのは監督が決めることなんですけど、頭のことはどこかで責任を取らなきゃいけないと思ってたので、それは自分からやりました。まぁ、当たり前ですよね。天皇杯に出られたのはよかったんですけど、期待されてる部分もあったので、そこで結果を残せなかったのはすごく悔しいなと思います」と加藤。延長戦を含めて120分間、勝利のためにすべてを注いだ加藤の声は枯れていた。

双子の弟・陸次樹はプロ入りが内定

加藤には、双子の弟である陸次樹(むつき)がいる。二人はジュニアからユース年代まで同じキャリアを歩んだ。弟は現在、中央大のサッカー部にいる。お互い大学サッカーに身を置いているだけあり、普段から頻繁に情報交換をしているのだという。

「あっちは関東リーグしか出ていないんですけど、法政は天皇杯や総理大臣杯のような大きな大会に出てるので、法政の話題が出ることが多いです。いい経験をしてると思われてるみたいで、そういった意味でも、うらやましいという気持ちがあるのを話しながら感じます」

ともに寮が八王子にあり、買い物も一緒にするほど仲がいいそうだ。一方で、サッカーでは互いを意識し合いながら切磋琢磨することも忘れない。そんな加藤兄弟の夢は、プロの舞台でサッカーを続けることだ。

兄弟の夢に向かい、加藤はラストイヤー全力でプレーする

もともと、埼玉県熊谷市出身の加藤ツインズ。だが、プロサッカー選手になる夢を追いかけるために中学卒業後にサンフレッチェ広島ユースへ。そこからトップ昇格を狙ったが、ともに見送られ、大学進学を選んだ経緯がある。兄は言う。
「やっぱり一緒にプロの舞台で試合に出たいなっていうのはすごく感じてますね。小さいころから、親や周りの方がすごく期待してくれているので、そういった人たちに自分たちがプレーしている姿をテレビで見てもらったり、メディアで取り上げてもらったりっていうのは、一つの夢ではあります。そういったものを実現できるようにしたいなって思いますね」

弟の陸次樹はすでにJ2ツエーゲン金沢入りが内定している。兄弟の夢をかなえるべく、兄は法政でのラストシーズンにすべてを捧げる。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む