卓球

笹尾明日香 vs 森田彩音 Tリーガー対決に勝って悔しさ語った笹尾

リーグ戦で初めて対決した笹尾(左)と森田(すべて撮影・マンティー・チダ)

秋の関東学生卓球リーグは9月13日に最終日を迎えた。女子で優勝候補の最有力だった早稲田大学と中央大学が最終戦で対戦。早大の笹尾明日香(2年、横浜隼人)と中大の森田彩音(4年、帝京)のエース対決が実現した。二人はともにトップおとめピンポンズ名古屋に所属するTリーガーでもある。関東学生リーグのシングルスで顔を合わせるのは初めてだった。

優勝の可能性が残った中でのエース対決

早大、中大ともに、勝てば逆転優勝の可能性も残されていた。その意味でも、1番で登場した両エースの対決には注目が集まった。

第1ゲーム、笹尾が得意のフォアハンドで優勢に立つ。森田もバックから粘りを発揮するが、最後は笹尾がバックハンドでラリー戦を制し、11-9と先取する。第2ゲーム、笹尾は4-4から4連続で失点し、4-8と追いかける展開に。笹尾もサーブで2点を取り返すが、最後は森田に3連続得点され、8-11でイーブンに持ち込まれた。

第3ゲーム、バックハンドで先制した笹尾だったが、ミスもあって4連続失点。しかし、この日絶好調のサーブが連続で決まると、4-4の同点に。その後は一進一退の攻防となったが、サーブで優勢に立った笹尾が11-8でこのゲームを奪い、勝利にリーチをかけた。

サーブで優勢に立ち、リーチをかけた笹尾

第4ゲーム、後がない森田に0-3とリードされたが、ロングサーブがさえる笹尾が逆転し、ペースを握る。11-5でこのゲームをとり、ゲームカウント3-1でTリーガー対決は笹尾に軍配が上がった。これで波に乗り、早大は4-0で中大を下した。しかし青学が最終戦に勝ったため、優勝は38シーズンぶりに青学のものとなった。

「チームが負けた悔しさの方が大きい」

笹尾は全選手唯一のシングルス出場7試合全勝を達成した。しかし「優勝が目標だったので、チームが負けた悔しさの方が大きいです」と、無念さをにじませた。

個人では活躍しても、チームで敗れた悔しさのほうが大きいという笹尾

笹尾はバック対バックのラリーになっても冷静にボールを拾い続けていった。「あれはバック側にいかないようにしてたんですけど、いってしまったということですね。いろんな種類のボールが効いたのかなと思います」。バックラリーで手応えをつかんだ笹尾だったが、青学に連覇を止められたという事実は残ってしまった。「もう、チーム力ですね。全員で1点を取って、あと1点を取る力というところだったと思います。来年の春は青学にリベンジして、中大にもしっかり勝てるようにしたいです」。団体戦はチーム力そのものだと信じている。3年生になって、再び春秋連覇を目指す。

森田「悔いがないと言えばウソになる」

一方、森田には学生最後のリーグ戦を3位で終えることになった。「悔いがないと言えばウソになる。この悔しさは来年の子たちに託したいと思います」。結果的に、笹尾に負けた試合と、フルゲームまでもつれた石川梨良(青学)との一戦に負けたのが響いてしまった。

最後のリーグ戦で優勝できず、森田には悔いが残った

「相手も強いので、負けたことについては原因があると思うんですけど、しっかり反省して次の試合に生かせるようにしたいです。(笹尾との試合は)ラリーになったら相手のどこに振るというのはなかったんですけど、相手のサーブがよくて、自分のレシーブからの展開がよくなかったのが敗因だと思います」。そして、この後控える個人戦に目を向けていく。

「リーグ戦は独特の雰囲気で緊張することも多いですけど、やっぱり終わってみたら、このリーグ戦で優勝したときはすごくうれしかったですし、負けたときは本当に悔しくて、精神的にもいろいろ成長できてよかったと思います。大学の試合は全日学(全日本大学総合選手権・個人の部)が最後だと思いますが、優勝できるように頑張ります」。学生生活最後の公式戦こそは、悔いなく終わりたい。