大学野球

法大が明大を破り開幕6連勝! 結束力で完全優勝へさらに前進

開幕から無傷の6連勝となり、笑顔を見せる法大ナイン

東京六大学2019秋季リーグ戦 第4週

10月5日、6日@明治神宮球場
1回戦 法政大2-0明治大
2回戦 法政大(勝ち点3) 2-1 明治大(1)

ドラフト注目投手、森下暢仁(4年、大分商)擁する昨季王者の明大相手に2連勝。勝ち点を獲得し、「血の法明戦」を制した。これで開幕6連勝。オレンジ旋風の勢いが止まらない。

ナンバーワン投手・森下相手に9安打

明大1回戦、法大投手陣は今季青木久典監督の采配が光る継投リレーで零封に抑える。打撃では明大先発、森下相手に苦しみながらも9安打。少ないチャンスをものにし、2-0で勝利を納めた。

先制の適時打を放ち、先発起用に応えた中村迅

迎えた第2回戦は今カードから2番打者に抜擢された中村迅(3年、常総学院)が大健闘を見せる。3回裏、高田孝一(3年、平塚学園)が出塁すると、宇草孔基(4年、常総学院)が連打で好機を演出。そして迎えた中村迅の打席。「宇草さんが出塁してくれたので、自分も何とかつなごうという思いで打席に立ちました」と意気込んだ中村迅は、4球目をフルスイング。鋭い打球が右中間を破り、これが適時二塁打となり2点の先制点を獲得した。宇草は「常総学院の後輩で、2人の連打で点が取れたというのは凄くうれしい。(ベンチで)『ナイスバッティング!』ってひっぱたいてやりました(笑)」と、後輩・中村迅の活躍をほめたたえた。

結束力を証明できた試合

一方、先発はこの日まで防御率0.00の高田孝が務めた。「調子はあまりよくなかった」という言葉とは裏腹に4回まで被安打2の好投。5回に連打を浴び1点を失う場面も見られたが最少失点で乗り切りマウンドを降りた。「悪いなりに試合を作ることができた」と安堵の表情を見せた。その後も3選手の継投で明大打線を無失点に抑え、そのまま逃げ切り2-1で明大戦2連勝を飾った。

2安打を放ち、調子を上げてきた宇草

この試合は連打での得点、投手陣の継投と改めて法大の結束力を証明。主将の福田光輝(4年、大阪桐蔭)は「勝ち点を取れたのでよかった。雰囲気は当然勝ってるので悪くはない」とコメント。次は3季連続で勝ち点を落としている慶大。昨秋の優勝時も唯一勝ち点を落としたカードだけに、今季も天皇杯奪還に向けての天王山になることは間違いない。副将・宇草は「意地でも勝ちます。その気持ちを高めていって勝ちたい」と勝利への貪欲な姿勢を見せる。

昨季よりさらに増した結束力で、優勝をさらに引き寄せる勝ち点1獲得を目指す。