大学野球

津留﨑、郡司、柳町、植田将 慶應から4人がプロの世界へ! ドラフト会議

笑顔で写真におさまる(前列左から)都留崎、郡司、柳町、植田と大久保監督

10月17日のプロ野球ドラフト会議で、慶應義塾大から4人が指名された。力強い直球が武器の津留﨑大成投手(4年、慶應)が東北楽天から3位、慶應の司令塔・郡司裕也捕手(4年、仙台育英)が中日ドラゴンズから4位、六大学を代表するヒットメーカー・柳町達外野手(4年、慶應)が福岡ソフトバンクから5位、成長性を見込まれた植田将太(4年、慶應)が千葉ロッテから育成2位指名を受けた。

「牛タンで体を大きくしたい」

慶應義塾大学日吉キャンパスでは指名をされた選手から会見場に姿を現し、記者からの質問に答えた。最初の指名を受けたのは津留﨑。東北楽天は3位で指名した。「正直こんなに早く呼ばれるとは思ってませんでした」と津留﨑、大久保秀昭監督ともに振り返った。

「こんなに早く呼ばれるとは」と都留崎

「トレーニングにはたんぱく質の摂取が必要ということで、仙台の牛タンを食べてさらに体を大きくしたい」と筋肉トレーニングにも通ずる発言を残し、杜の都での生活に心を躍らせた。

1年目からの活躍を誓った郡司

次に指名を受けたのは郡司。中日ドラゴンズ4位の指名だった。1年目から捕手として出場を果たし、「郡司が1年を通じて試合に出続けてたらチームが勝っていた」「郡司が出続けてたおかげでチームの成績が安定した」と言われる選手になりたいと誓いを述べた。

「意中の球団」からの指名

柳町は福岡ソフトバンクから5位指名を受けた。もともと好きなプロ野球球団が福岡ソフトバンクだった。日頃から中村晃選手のバッティングに注目しており、「入団後話したい選手が多い」と語った。また「同じパシフィックリーグに所属する津留﨑との対戦も待ちわびている」とも口にした。

もともとソフトバンクファンだという柳町

支配下登録選手として指名された3人は「プロで一番楽しみにしていることは? 」という質問に対して、「『プロの世界は大学生では想像できないくらいレベルが高いと大久保監督にも竹内助監督にも言われてたので、そういう打者と対戦できることを一番楽しみにしてます」と津留﨑。郡司は「僕はキャッチャーなので、プロのレベルの高いピッチャー陣の球を早く受けたいと思います」、柳町は「僕がバッティングの参考にしてきた選手などが数多くいる世界なので、そういうバッターの話などを聞いて教えてもらえることが楽しみです」とそれぞれ回答した。

「ありがとう、井口監督」

リハビリ中にもかかわらず指名を受けた植田

育成選手の指名で呼ばれた選手が一人いた。植田将太捕手だ。今年の春にトミージョン手術を受け、リハビリ中だった。そんな現状にも関わらず、潜在能力の高さが評価され、千葉ロッテが育成2位で指名した。「『野球がもうできないんじゃないかと思ってた」と不安を感じていた中でのプロ志望届。大久保監督もリーグ戦出場が決して多くない植田将を指名した千葉ロッテに対して「ありがとう、井口監督」と感謝の意を述べた。

プロ野球界へと足を踏み入れる権利を得た4人。「プロになる」夢を叶え、さらなる夢を追いかけて新しい舞台へ飛び立つ。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む