卓球

1部残留の法大卓球 エース青山昇太、入れ替え戦で日大・金光宏暢に雪辱

ポイントを決め、ガッツポーズをする青山

秋季関東学生リーグ男子 1、2部入替戦

10月5日@埼玉・新座市民総合体育館
法政大 4-0 日本大

卓球の秋の関東学生リーグは10月5日、男子の1、2部入れ替え戦があり、法大(1部7位)が日大(2部2位)をストレートで下して1部残留を決めた。

春の対戦で敗れた1年生にリベンジ

法大と日大は春に1部のリーグ戦で対戦し、4-2で法大が勝っていた。その後、日大は入替戦の末に2部に降格。法大はかろうじて1部に残留していた。この日、1番で出場した法大の青山昇太(4年、野田学園)は、日大の金光宏暢(かなみつ・こうよう、1年、大原学園)と対戦。青山は春のリーグ戦でフルゲームの末、2-3で金光に敗れている。

第1ゲーム、青山が早い仕掛けで得点を重ねれば、金光もラリーに持ち込んで勝負。7-7から青山がフォアドライブで勝機を見出し、11-8で先取。第2ゲームに入っても接戦は続く。5-6から青山が浮き球からのスマッシュやバックで拾い上げるように強打を放ち、3連続得点で逆転に成功。しかし9-7から金光に3連続得点を許して10-10となりデュース。ネットインでリーチをかけた青山だが、金光にチキータなどで3連続得点され、11-13で五分に戻された。

春に敗れた相手にリベンジ。青山はしっかりと対策をねっていた

第3ゲームは青山、第4ゲームは金光がとり、再戦も勝負は第5ゲームへ。青山が出だしからの4連続得点でペースを握ったが、金光に4連続得点を許して4-4。5-6のなったところで法大ベンチがタイムアウトをとった。ここで息を吹き返した青山が4連続得点で9-6としたのが大きかった。11-8でこのゲームをとり、フルゲームの末に青山が金光に雪辱を果たした。

チームの課題だったダブルスでも快勝

「自分は4年生で最後のリーグ戦でしたが、1部に残ったので後輩にとってもよかったと思います」。金光との再戦については「前回は僕が負けてチームが勝ったという状況でした。うれしくもあり、悔しくもありました。今回は1番で金光選手が出てくると思っていたので、しっかり対策を練って絶対に勝ってやろうという気持ちで臨みました」。対策の内容について尋ねると「それは企業秘密ですね(笑)」とおどけたあと「大まかに言えば先手を取るという戦術。ラリーに持ち込まれないようにしたということです」と、その一端を明かした。

後輩にアドバイスし、チームを鼓舞する青山

出番を終えると、ベンチから後輩にアドバイスを送った。青山の勝利に背中を押されるように、春の対戦で負けていたダブルスでも勝利し、ストレート勝ちで締めくくった。「うちの課題がダブルスで勝てないことだったので、今日は勝てて今後につながる試合になったと思います。後輩に対しては普段通り練習してきたことを信じて、頑張ってこいという感じでアドバイスしてました」

青山はこの後、全日本大学総合選手権(個人の部)に出場する。「優勝を目指していきたいなと思います」と、力強く言った。