大学陸上・駅伝

特集:第96回箱根駅伝

東京国際大が1位通過! 筑波大は26年ぶりに本戦へ! 箱根駅伝予選会

日本人トップでゴールし、「よっしゃー!」と雄叫びを上げる伊藤(撮影・小野口健太)

第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会

10月26日@陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園
1位 東京国際大学 10時間47分29秒
2位 神奈川大学 10時間50分55秒
3位 日本体育大学 10時間51分09秒
4位 明治大学 10時間51分42秒
5位 創価大学 10時間51分43秒
6位 筑波大学 10時間53分18秒
7位 日本大学 10時間54分29秒
8位 国士舘大学 10時間55分21秒
9位 早稲田大学 10時間55分26秒
10位 中央大学 10時間56分46秒
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11位 麗澤大学 10時間57分12秒
12位 駿河台大学 10時間58分44秒
13位 上武大学 11時間00分16秒
14位 専修大学 11時間01分57秒
15位 城西大学 11時間02分27秒

10月26日、箱根駅伝の出場権をかけた予選会があり、上位10校が出場権を獲得した。トップは東京国際大で、3年連続4回目の本戦出場となる。6位の筑波大は26年ぶり、また13年ぶりにシード権を落とした早稲田大は9位で本戦出場を決めた。その一方で33年連続で本戦に出場していた山梨学院大は17位で出場権を逃した。また前回、あと一歩で本戦出場を逃した麗澤大は11位で、またも本戦に届かなかった。

個人では桜美林大のレダマ・キサイサ(4年)が1時間1分1秒でトップ。日本勢1位は全体5位の東京国際大の伊藤達彦(4年、浜松商業)で記録は1時間2分34秒だった。日本勢2位は城西大の荻久保寛也(4年、三郷工技)だった。

それぞれが役割を果たすという意識がついた

1位東京国際大・大志田秀次監督の話
「それぞれがしっかりと役割を果たすという意識が去年よりついたと思う。暑くてもしっかり走る、という基本がちゃんとできるようになった。欲をいえば、5、6位で通過して『まだまだうちはそんなに強いチームじゃない』というのを分からせたかったというのはある。それでも心配していた6番目以降の選手が頑張って、トップという結果につながったので評価できると思う。(イエゴン)ヴィンセントと伊藤がいるから強いのではなく、他もいるから強いという状態になってきた」

1位通過が発表され、喜ぶ東京国際大学の選手たち(撮影・北川直樹)

日本勢1位、東京国際大・伊藤達彦の話
「いつも何も考えずに、速い人がいたらついていくというかたちなんですけど、今回は考えて走れたのでそこは評価できると思います。はじめは抑えて、中盤からは自分の強みを生かして積極的に攻めて後続を引き離せました。予選会ではトップをとれたけど、まだこの上にシード校の強い選手がたくさんいます。ライバルだと思ってる相澤(晃、東洋大4年)、中村大聖(駒澤大4年)、土方(英和、國學院大4年)など強い選手はたくさんいるんで、満足せずに頑張っていきたいです。(今日チームは予選会1位通過でしたけど)これで満足せずに、1週間後には全日本大学駅伝、その後に箱根駅伝もあるので、チーム一丸となって頑張りたいと思います」

日本勢2位、城西大・荻久保寛也の話
「今年の箱根駅伝は自分が疲労骨折で急きょ出られなくなったので、予選会では日本人トップで走ってやるという気持ちで挑みました。今シーズンは結構調子もよくて、夏合宿もしっかり練習が積めました。今日のレースも留学生の集団についていこうと決めて走ってたんですけど、暑くなってからはへばってしまいました。力不足です」

荻久保は1時間3分12秒で6位、日本人2位だった(撮影・小野口健太)

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む