大学アメフト

注目の「関関戦」は関学が関大を下し、2年連続のリーグ優勝 関西学生アメフト

関学のRB鶴留は第4クオーター、ダメ押しのタッチダウンランを決める(撮影・安本夏望)

アメフト関西学生リーグ1部 第6節

10月27日@神戸・王子スタジアム
関西学院大(6勝)17-3 関西大(4勝2敗)

注目された関西1部第6節の関関戦は、関学が第4クオーター(Q)に関大を突き放し、開幕6連勝。2年連続57度目のリーグ優勝を決めた。最終節の1110日に51敗の立命館大と対戦し、勝てば全勝優勝。負ければ立命との同率優勝となる。

 前半はともに攻めきれず無得点

前節で関大が9年ぶりに立命に勝って1敗を守ったため、一気に注目度が高まった。前半はともに攻めきれなかった。第1クオーター(Q)終盤、関学は自陣1ydからのオフェンスでドライブを続け、ゴール前36ydで第4ダウン1ydの状況を迎えた。関学は攻撃権更新を狙ってギャンブル。RB三宅昂輝(3年、関西学院)が狭いサイドの左オープンを突いたが、関大のDB坊農賢吾(3年、関大第一)の上がりがよく、5ydのロスタックル。1ydがとりきれずにギャンブル失敗となった。ともにフィールドゴール(FG)にトライするチャンスもなく、0-0で試合を折り返した。立命戦と同じくローススコアの展開になり、どちらかといえば関大の流れ。ただ、関学のRBがタックルされても足をかき、粘るシーンが目についた。 

第2クオーター、関学のDL今井(左)がQBサック(撮影・安本夏望)

後半最初の関学のオフェンス。自陣19ydから3度の第3ダウンを乗り越え、第3Q8分すぎにキッカー安藤亘祐(4年、関西学院)が42ydFGを決めた。3-0。関学は第4Qに入ってすぐ、自陣30ydからの第4ダウン2ydとなった。ここでパンターも務める安藤が蹴ると見せて、ロールアウト気味に右オープンを突く。かなり右サイドラインに近くなってから攻撃権更新は無理と見て、キック。これがミスキックになった。関大にゴール前40ydからのオフェンスを許してしまう。 

関大はQB日野上健一(4年、関大第一)が主将のWR小田康平(同、同)へのパスを2本続けて決め、FG圏内へ。第4Q2分すぎ、キッカー谷川堅斗(同、同)が31ydFGを決め、3-3の同点とした。

 4Q、追いつかれて輝いた関学QB奥野 

その直後、関学の自陣25ydからのオフェンスで、エースQB奥野耕世(3年、関西学院)が輝いた。自身の15ydのランと、プレーが崩れてからのWR糸川幹人(1年、箕面自由学園)への11ydのパスで、2度の第3ダウンを乗り越える。RB三宅の26ydランもあり、ゴール前14ydからの第1ダウンに。ここでRB齋藤陸(2年、江戸川学園取手)が右のオフタックルを突き、タックルされてからも粘って9ydのゲインにつなげた。ゴール前5ydからの第2ダウン1yd。奥野が右サイドのWR阿部拓朗(4年、池田)へ浮かせたパス。阿部は関大のDBのマンツーマンカバーを外し、丁寧にキャッチした。この日最初のTDで10-3となった。 

関学のWR阿部は第4クオーター、QB奥野からのタッチダウンパスをキャッチ(撮影・篠原大輔)

それでも関大には316秒と追いつくには十分な時間が残された。自陣35ydからのオフェンスが始まる。しかし関学のLB繁治亮依(しげじ・りょうい、3年、関西学院)が関大ファンの夢を打ち砕く。関大から見て左のオープンからブリッツ。フリーで関大QB日野上に襲いかかり、10ydのロスを奪った。関学の作戦勝ちだった。関大はパス、パス、パスに出たが、前進できず。関学は気落ちした関大ディフェンスに、「豆タンク」タイプのRB鶴留輝斗(つるとめ・きらと、3年、啓明学院)をぶつける。これがタックルしにくい。身長168cm90kgの体で25ydを駆け抜け、ダメ押しのTDを決めた。1回生の立命戦前にはディフェンスの先輩に頼まれて相手のRB立川玄明(たつかわ・ひろあき、3年、大阪産大付)になりきり、タックルを受けまくった経験を持つ。かつての「仮想立川」が立命戦で秘密兵器になれば面白い。 

関学のQB奥野は最初のTDを振り返り、「練習ではやってたんですけど、試合であのパスを決めたのは初めてで、うれしかったです」と言って笑った。そして「あのシリーズは走ったり、逃げながらパスを通したり、自分らしさが出せたと思います」と話した。立命戦については「去年は僕の“ムリ投げ”でインターセプトされて苦しくなったので、この1年はあれをやらないように、だいぶ意識してやってきました。練習で課題を詰めきって、スカウティングもやって、当日やるべきことをやりたいです」と語った。

ラストイヤーにまずリーグ優勝を決めた関学の鳥内監督(撮影・安本夏望)

関学・鳥内秀晃監督の話
「もとから接戦になるのは分かってた。『最後まで0対0もあるで』言うてた。(相手の)パスラッシュが強いのが分かってる中で、OLがよう頑張ったんちゃうか? 奥野は決められるパスを決められんで『どうかな?』と思ったけどな。最後の最後は相手の集中力が欠けたのと、相手のディフェンスに慣れてきた。(次の立命戦に勝って)とにかく1位通過したい。それ以上のことは、また戦うかもしれんから言えん」

関大・中村敏英ヘッドコーチの話
「ディフェンスとキッキングゲームで頑張って、オフェンスが少ない得点チャンスをものにするという今年の関大のゲームができませんでした。オフェンスの決定力不足です。ディフェンスはよく頑張って、チーム全体の勇気をかき立ててくれました。自力で3位に入るチャンスはなくなったんですが、あと1試合あります。選手たちには『正々堂々と戦って、胸を張って帰ろう』と言いました」

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む