ボクシング

思い知らされた関東勢の強さ 「ここでリベンジする」大商大・中谷七都は前を向く

中谷(右)は関西学生リーグの最優秀選手として臨んだが、RSC負けだった(すべて撮影・北川直樹)

ボクシング 第73回全日本大学王座決定戦

12月26日@東京・墨田区総合体育館
大商大(関西)0-11 東洋大(関東)

伝統のオレンジがかすんで見えた。昨年12月26日、全日本大学ボクシング王座決定戦で、関西王者の大阪商業大は関東王者の東洋大に挑んだ。11人の団体戦で大商大は全敗。ライトウェルター級で出場した関西学生リーグ最優秀選手の中谷七都(なかたに・ないと、2年、京都廣学館)は試合後、オレンジ色のユニフォームを着たまま、あ然としていた。

東洋大が初の大学日本一 主将の木村蓮太朗は地元静岡から世界王者を目指す

「関西とは全然ちゃうかった」

「自分のやりたいボクシングをまったくやらせてもらえませんでした。全部、見えないところからパンチが飛んできて……」

拳を交えた東洋大の今永虎雅(2年、王子工)は、シニアの全日本選手権63kg級で準優勝している猛者。中谷は1ラウンドからスピードとパワーで圧倒された。得意の伸びる左ストレートも、相手にほとんど届かない。強引に懐に入り込もうとした瞬間だった。左のカウンターをきれいに合わされ、いきなりスタンディングダウンを奪われた。2ラウンドになっても展開は変わらず、一方的に打たれてRSC(レフェリーストップ)負け。悔しさがこみ上げた。「ジャブもボディブローもすべてもらった。相手の懐が深くて、踏み込んでパンチを打たせてもらえませんでした」

今永(左)とのレベル差の見せつけられた試合だった

今永とのレベルの差は歴然だった。必死に打ち合う姿勢は見せたが、学生トップレベルの強さを痛感した。関西学生1部リーグでは5年ぶり4度目の優勝を飾り、中谷はライト級で無傷の5勝。それでもまったく歯が立たなかったのだ。本音の部分になると、関西弁が口を突いて出た。「関西とは全然ちゃうかった。ほんま、レベルがちゃいます。そもそもの練習から見直さな、勝てへんと思います」

世界王者の先輩を前にして感じたやるせなさ

リングサイドで後輩たちの勇姿を静かに見守っていたOBでWBA世界ライトフライ級スーパー王者、京口紘人(ワタナベ)は、厳しい表情をしていた。「大商大がきつい練習してきたのは分かりますけど、意識の差があったかな。東洋大の選手たちは日本一になるためにやってると思います。この悔しい経験を糧にしてほしい」

京口も5年前に全日本大学王座決定戦に出場した経験がある。チームは名門の日大に4-7で敗れたが、自身は初戦で判定勝ちを収めて技能賞を受賞。そのとき、一緒に出た1学年後輩には、中谷の兄である夏樹もいた。昔からよく知る後輩の弟はかわいくもあり、期待をかける一人だ。「七都は来年もあるんで、またこの舞台に戻ってきて、頑張ってもらいたいです」

京口は後輩たちの応援に駆けつけた

中谷は京口の姿にすぐに気づいたが、申し訳なさそうに遠くから見ていた。世界王者まで上り詰めたOBの前で惨敗し、やるせない表情だった。「京口さんの名前を汚さんようにせなあかん。僕も強くならな。兄が京口さんと一緒にやってたので、僕の名前も覚えてもらってるんです」

みんなからの応援を感じる瞬間が一番楽しい

小学2年生から兄の影響で自然とボクシングを始め、当たり前のようにサンドバッグを叩いた。年齢を重ねてもグローブを置くことはなかった。高校時代にはインターハイに出場し、全国トップレベルの選手たちと手を合わせた。改めてレベルの高さを知り、幼いころからの夢だった世界チャンピオンが夢の夢だと悟った。「正直、日本チャンピオンになるのも難しいと思いました。大学でもボクシングを続けてますけど、いまのところプロになるつもりはないですね。卒業したら就職しようと思ってます」

それでもいざ試合になれば、熱くなる。ロープをくぐり、仲間の大きな声援を聞くと、気持ちが奮い立つのだ。「いざリングに上がれば、みんなから応援してもらえます。これがボクシングをしてて、一番楽しい瞬間やと思います」

リングで浴びる仲間たちの大声援がうれしい。だからこそ勝ちたい

仲間への感謝は忘れたことはない。自分の練習時間を割いてミットを持ってくれる先輩もいる。だからこそ、いま以上に強くなることを誓う。今年の目標は関西学生リーグの2連覇。その先に日本一をかけた舞台が再び待っている。

「また次も(関西学生リーグで)優勝して、ここでリベンジしたいです」

背中を押すのは仲間たちの声だ。自らを追い込む日々は、すでに始まっている。