野球

特集:ギフティング(寄付)特集

東京六大学野球にエールを 立教大学

6季ぶりの優勝を目指す立教大学(撮影・朝日新聞社)

1925年から始まった東京六大学は大学野球で最古のリーグ戦の歴史を誇ります。1909年創部の立教大学野球部は、リーグ戦で13回の優勝を経験しています。埼玉県の新座キャンパスのグラウンドで頂点を狙い練習に励んでいます。

立教大学野球部の記事

後輩たちにも優勝の喜びを味わってほしい。主将の宮は強い気持ちでシーズンに臨む(写真提供:立教大学野球部)

新型コロナウイルスの影響で、3カ月半と自粛期間が長かった立教大学。チームをを引っ張るのは、宮慎太朗主将(4年、市立船橋)です。

優勝の喜び、勝利の美酒を後輩たちにも知ってほしい 立教大学・宮慎太朗主将

本来ならチーム力を高めるはずだった春、新型コロナウイルスの影響で予定通りにスケジュールを消化することができませんでした。どんな思いでいたのか溝口智成監督が語りました。

立教大野球部・溝口智成監督 「その時」を信じて心1つに「今」を乗り越える

 

下の画像バナーよりギフティングサービス「Unlim」を通して寄付やシェアでエールを送ることができます。

in Additionあわせて読みたい