大学野球

特集:東京六大学 2020真夏の春リーグ

【写真】東京六大学2020春リーグ、真夏の短期決戦を彩った選手たちの記憶

東京六大学 2020真夏の春リーグ
特集一覧を見る

東京六大学野球春季リーグ

8月10~18日@神宮球場
優勝 法政大学(3季ぶり46度目)
2位 慶應義塾大学
3位 早稲田大学
4位 立教大学
5位 明治大学
6位 東京大学

4カ月遅れで開幕した今年の東京六大学春季リーグ戦は、第2次世界大戦後に再開された1946年春以来、実に74年ぶりとなる1試合総当たり制となりました。この真夏の短期決戦を制したのは法政大学でした。全国26の大学野球連盟で春季リーグの開催にこぎつけたのは東京六大学だけ。観客も3000人を上限にした中での開催となりましたが、各チームは野球ができることへの感謝を口にしました。

in Additionあわせて読みたい