バドミントン

特集:いざ、東京オリンピック・パラリンピック

バドミントン梶原大暉が金メダル 車いすWH2、日体大の19歳

バドミントン男子シングルス決勝でポイントを奪う梶原大暉(撮影・諫山卓弥)

 東京パラリンピック最終日の5日、バドミントンの梶原大暉(19)=日体大=が男子シングルス(車いすWH2)で金メダルを獲得した。決勝で世界選手権4連覇中の韓国の金正俊(キムジョンジュン)を破った。

順大・橋本2冠など大学生は金6個、日体大の阿部と入江、日大・素根、早大・須崎も

 バドミントンは今大会で初めて採用された。梶原は高校1年から競技を始め、2019年世界選手権では9位。今大会は世界ランキング6位で迎えていた。

=朝日新聞デジタル2021年09月05日掲載

in Additionあわせて読みたい