野球

連覇のために~同志社、劇的勝利で関大から勝ち点

連覇のためには課題克服が必須だ

関西学生春季リーグ戦

4月20~22日@ほっともっとフィールド神戸
1回戦 同志社大3-1関西大 
2回戦 同志社大0-3関西大 
3回戦 同志社大3☓-2関西大

同志社は今シーズン初の勝ち点を得るべく、関大に挑んだ。1回戦に先発した髙橋恭平(2年、高田)が7回途中まで投げ、被安打4で1失点。リリーフした西村颯真(2年、今治西)がゼロで抑え、試合を締めた。野手で光ったのは小川晃太朗(3年、龍谷大平安)。5回に先制のタイムリーヒットを放ち、8回にはセンターの守備でファインプレー。投打がかみ合い、ロースコアゲームを制した。

2回戦の先発マウンドを任されたのは溝田悠人(4年、履正社)。テンポのいい投球で5回まで得点を許さない。しかし、6回につかまった。ヒットと四球で2死満塁とされ、続く打者に2点タイムリーを許した。溝田はここで降板。3番手の西村も連打を浴び、1点を失う。打線は3安打と沈黙。決着は3回戦に持ち込まれた。

劇的な勝利に喜ぶ同志社ナイン

主将の杉内洸貴(4年、今治西)が「どんな形でもいいから勝つ」と言って臨んだ3回戦。先発は仲野芳文(3年、天理)。1、2回と失点し、厳しい立ち上がりとなった。だが4回からは道端晃大(1年、大阪桐蔭)、髙橋、西村とつないで追加点を許さなかった。5回に1点差としたが、同志社は8回まで追加点を奪えない。あとがない9回裏。先頭の城下力也(2年、天理)がヒットで出塁すると、続く四川雄翔(3年、履正社)が同点のツーベースを放った。その後、四球などで無死二、三塁。打席には代打の堀北健人(1年、佐久長聖)。5球目をたたいた打球が犠牲フライとなり、逆転サヨナラ勝ち。劇的な幕切れとなった。

同志社は次戦、第5節に関西学院大と相まみえる。連勝での勝ち点ゲットを目指すためにも、関大戦での課題を2週間で解決したいところだ。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む