陸上

特集:第51回全日本大学駅伝

関西学院大・石井優樹 圧巻のラストスパート、ラストイヤーは仲間と伊勢路へ

4組のトップでゴールした石井は本大会進出を確信し、喜びをかみしめる(撮影・安本夏望)

第51回全日本大学駅伝対校選手権 関西地区選考会

6月30日@京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
1位 立命館大 4時間7分38秒
2位 関西学院大 4時間10分3秒
3位 京都産業大 4時間10分25秒
4位 大阪経済大 4時間13分56秒
5位 びわこ学院大 4時間14分40秒

関西学院大学は6月30日、第51回全日本大学駅伝(11月3日)の出場権をかけた関西地区選考会で、2大会ぶり9回目の出場を決めた。各校10人が4組にわかれて10000mを走り、上位8人の合計タイムで3位までに入った立命館大、関学大、京産大が本大会へ。最終の4組のラストは、関学のエース石井優樹(4年、布施)と立命のエース今井崇人(4年、宝塚北)の一騎打ち。石井は全選手中のトップタイムをマークし、関西王者の貫禄を示した。

今井とラスト勝負「うれしかった」

3組まで降っていた雨は、4組のスタート前にやんだ。石井は声を出し、気持ちを高ぶらせ、最後にゆっくりとトラックに入った。号砲が鳴る。10人の先頭集団が崩れたのは、4000mすぎ。石井が抜け出た。だが、5000mで再び集団を形成。残り1000mに差しかかったところで、激しいトップ争いが始まった。立命のエース今井が抜け出ると、石井が食らいつく。二人の攻防に、会場は沸いた。「今井がくると思ってました。『2強』として関西の陸上界を引っ張っていく存在です。ライバルでありながら、同志でもある。ラストで勝負できたのはうれしかった」と石井。

4組のレース前、ともに走る後輩たちに声をかけた石井(中央、撮影・松尾誠悟)

残り150mからのラストスパートは圧巻だった。石井は前をいく今井を軽々と抜き去った。ゴールと同時に力強く拳を握る。「よっしゃー。いったやろー、大丈夫や」。同組で走った後輩の川田信(かわだ、3年、報徳学園)と抱き合った。石井のタイムは30分18秒16。3年連続で関西地区選考会のトップタイムをたたき出した。今井と固い握手を交わした。

石井にホッとした笑顔が広がった(撮影・安本夏望)

昨年チームで出られなかった悔しさを胸に

ずっと悔しさを胸に抱いていた。昨年の選考会は3位の大経大に約30秒及ばず、4位。出雲駅伝に続き、全日本大学駅伝の出場も逃した。石井は、関西学連の推薦選手として日本学連選抜チームで出場。1区を走り、青学の小野田勇次(現・トヨタ紡織)らを抑え、選抜チームとして初の区間賞を手にした。だが、喜びと同時に「関学の襷(たすき)で区間賞を取りたかったな」とひとこと。快挙を成し遂げた心境は複雑だった。だからこそ、この日はチームでの本大会行きがすべてだった。「去年の選考会で負けた悔しさがあって、とにかく通過しないといけないと思ってました。(通過したので)正直、ホッとしてます」。立命館に続く2位通過に、石井は安堵(あんど)の表情を浮かべた。

6月8日の日本学生個人選手権男子5000mでは2連覇を果たした石井。2年連続の区間賞に向けて、舞台は整った。だが、「いまのままでは全国で戦えない。(チームは)繰り上げもあるかもしれない。まだまだ練習が必要です」と、危機感を募らせている。全日本大学駅伝まで残り4カ月。「今年は関学の襷で、もう一度区間賞を取りたいです。関学の名を全国に知らしめたいです」と言い切った。

関学の、いや関西のエース石井優樹は11月3日、仲間とともに伊勢路を駆け抜ける。

2大会ぶりの全日本大学駅伝出場を決めた関学の選手たち(撮影・安本夏望)

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む