大学陸上

特集:第88回日本学生陸上競技対校選手権

國學院大・土方英和 日本インカレの勢いそのままに駅伝でも快進撃を

ゴール後に藤木(手前)と抱きあう土方(撮影・安本夏望)

第88回日本学生陸上競技対校選手権 男子10000m決勝

9月12日@岐阜メモリアルセンター 長良川競技場

1位 レダマ・キサイサ(桜美林大4年)28分19秒99
2位 フィリップ・ムルワ (創価大1年) 28分38秒32
3位 土方英和 (國學院大4年) 28分47秒40

陸上の日本学生対校選手権(日本インカレ)の男子10000m決勝で、國學院大の主将である土方(ひじかた)英和(4年、埼玉栄)が28分47秒40で3位に入り、日本勢トップを手にした。「自分でも『少しできすぎだったかも』という思いもあります」と、率直な気持ちを口にした。

目標は日本勢トップでも、無理はせず

レースはレダマ・キサイサ(桜美林大4年)を先頭とした大きな集団で進み、最初の1000mを2分47秒で入ると、キサイサとフィリップ・ムルワ(創価大1年)、ローレンス・グレ(札幌学院大2年)の3人が先頭に立ち、日本勢では立命館大4年の今井崇人(宝塚北)だけがそこについた。

このレースで日本勢トップを狙っていた土方だが、第2集団にとどまった。「無理せず、力を使わずに走ろうと思ってました。自分の仕掛けるところだけ、余力をためて走ってました。今井選手が出ても気にせず、徐々に上げていけば追いつけるだろうと思って淡々と走りました」

残り3周、土方(4番)は藤木(30番)と並走したが、出るタイミングをうかがっていた(以下すべて撮影・藤井みさ)

4000mの手前で今井が外国人留学生たちから遅れ始め、第2集団に吸収された。グレも第2集団に落ちてきた。土方は10人ほどの第2集団の真ん中あたりから前方をうかがっていた。残り3周になったタイミングで、第2集団を引っ張っていた西田壮志(東海大3年、九州学院)の後ろ、國學院大の後輩である藤木宏太(2年、北海道栄)の隣まで上がった。「藤木はラストがすごく強いので、最後の1周まで一緒にいたら勝ち目がないなと、普段の練習から分かってました。だから自分が先に仕掛けて逃げ切ろうと。プラン通りとかではなく、レースの勘、『ここだな』というタイミングです」

その言葉通り、ラスト900m付近で集団から抜け出し、徐々に後続との差を広げた。ラスト1周はさらにスピードを上げてフィニッシュ。力強くガッツポーズし、4位(日本勢2位)で入ってきた藤木を出迎え、抱き合った。

全国大会は中学校以来、楽しんで走った

土方は高校時代は全国の舞台に縁がなく、この日本インカレも最終学年で初出場。「こんなに大きい舞台は初めてというか、全国という意味では中学校以来で、レースの前からワクワクした気持ちでした。藤木は世界大学クロカンの選考があったので緊張してましたけど(来年3月の世界大学クロカン代表は日本インカレの5000m、10000mの上位者から選ばれる)、僕は楽しく走れたらいいなと思って臨んでました。(前田康弘)監督からも『無駄なけががないように、無理のないように楽しんで走ってこい』と言われました」。結果的に自己ベストの28分44秒28まであと3秒だったが、それについては「ちょっと悔しいです。まさかこのコンディションで出せると思ってなかったので……」と振り返った。

ラスト1周、土方はさらにペースを上げて後続を引き離した

チームに勢いをつける、と宣言して実行

出雲駅伝まであと1カ月と、駅伝シーズンは目前に迫っている。8月の夏合宿では、月間1080km走ったという。「でもこの4年間で一番少ないです。そのかわり質が上がりました。ジョグも、インターバルもいままでにないタイムでできてると思います」。主力にもけが人が出ることなく、練習でも生活面でもチームを引っ張り、ここまで全体として順調にきているという。

チーム目標は三大駅伝すべてで3位以内、加えて箱根駅伝では往路優勝を目指している。「個人としては区間賞をとって、しっかりと自分の役目を果たしていきたいです」。走りたい区間を問われると「こだわりはないんですけど、箱根駅伝では今年2区を走らせてもらったので、最後も2区で勝負したいという気持ちはあります」

土方(右)と藤木の表情は充実感にあふれていた

ほかの大学で意識する選手を尋ねてみた。「駒大の中村大聖が埼玉栄の同級生なので、やっぱり一番意識します」。いまでも仲がよく、ふだんから食事に行って自分たちのことやチームのことを話したりもするという。「勝ったり負けたりを繰り返してますけど、最近なかなか勝ててないので、最後は勝って終わりたいですね」。ともにキャプテン(中村は駅伝主将)を務める男に対してのライバル心をのぞかせた。

「チームのみんなには『秋のシーズンの始まりに勢いつけてくる』と言ってここに来ました。それができたので、率直にうれしく思います。藤木もいい走りをして、彼にも練習から刺激をもらってます。楽しくできてるのかなと思います」。この後はまた合宿で距離を踏んで、それが終わったらいよいよ駅伝シーズンだ。

キャプテン2年目となる土方の集大成を見せるときがやってきた。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む