大学野球

國學院大・横山楓 母への恩返しを胸に、追い続けるプロ野球選手の夢

リーグ戦デビューは遅かったが、ドラフト候補にまで駆け上がった(すべて撮影・佐伯航平)

10月17日、プロ野球ドラフト会議があった。最速149kmの直球と精度の高い変化球を武器とする國學院大の横山楓(かえで、4年、宮崎学園)も指名を待ったが、彼の名前が呼ばれることはなかった。ふるさと宮崎から駆けつけた母とプロ入りの喜びは分かち合えなかったが、2年後のプロ入りを目指し、社会人野球での活躍を誓った。

「これがいまの自分の実力」

午後8時1分、育成選手を含め、12球団すべてのドラフト指名が終わった。

ドラフト会議が始まったのは午後5時。同じ4年生である明治大のエース森下暢仁(まさと、広島1位、大分商)や東洋大のキャッチャー佐藤都志也(としや、ロッテ2位、聖光学院)らが指名されていく。だが、最後まで横山の名が呼ばれることはなかった。

横山は森下や佐藤のような盤石のドラフト上位候補ではなかった。この秋のリーグ戦序盤がスカウトへの最後のアピールの場だった。1カード目の駒澤大1回戦、3回戦、2カード目の立正大1回戦と、先発した3試合連続で勝ち星を挙げた。プロ志望届を提出し、あこがれだったプロ野球の世界に手が届きそうなところまできていた。

ドラフト会議で横山の名は呼ばれなかった

しかし、3カード目の中央大戦では1回戦と3回戦に先発したが、いずれも勝負どころで痛打され、敗れた。ドラフト当日、優勝を目指す國學院大にとって落とせない東洋大2回戦にも横山は先発したが、5回途中3失点で降板。國學院大は3-8で敗れ、直後の試合で立正大を破った中央大が優勝を決めた。
「中央との試合に関しては、調子が悪いわけではなかったんです。今日(東洋大2回戦)の結果もそうですし、これがいまの自分の実力なんだと思います。もっと力をつけなきゃダメだな、ということです」
悔しさはもちろんある。それでも横山はドラフト終了後、さばさばとした表情で話してくれた。

息子のけがの重さを、宮崎の母は雑誌で知った

「穏やかで、優しい子です。ちょっとのんびりしてるかな? 大学4年間で精神的に成長したなぁって思います。私と一緒にいるときは親子の会話になりますけど、ほかの大人の人と接してるところを見ると、言うことがしっかりしてきました」。横山の性格や大学に入ってからの成長ぶりを話してくれたのは、母の香子(きょうこ)さん(45)だ。ドラフトの日は國學院大に用意された記者会見場に駆けつけていた。

横山の父は、彼がまだ幼いころに他界した。香子さんは地元宮崎の介護施設で調理師として働いて生計を立て、横山の学費もまかなってきた。横山が大学4年生になった今年は、有給休暇をやりくりしながら宮崎と東京を何度も往復し、ひとり息子の登板する試合のほとんどを神宮球場で観戦してきた。
「旅費のために働いているようなものですね(笑)。大学最後のシーズンだから、できる限り来たいと思って」。香子さんは笑顔で話してくれた。

投げるたび、神宮の空にグラブを突き上げてきた

横山は小4のときに少年野球チームに入った。「小さいころ『プロ野球選手になりたい』と言ったのを聞いたことないんです。私が野球に詳しくないから言わなかったのかもしれないですけど(笑)」と香子さん。

宮崎学園高3年生の秋にも、横山はプロ入りを現実的にとらえていた。「プロ志望届を出そうかどうか考えたんですけど、このままの状態でプロに行ってもけがしそうだし、知識もないし体もできてなかったので、大学4年間で力をつけてからプロ入りを目指そうと考えました」と、横山は4年前を振り返って語った。

けがも多かった。高1の冬に腰を痛め、大学でも、練習に合流した直後に腰痛が再発。投球練習を再開したのは2年生の夏だった。同学年の小玉和樹(佼成学園)は1年生の春から、吉村貢司郎(日大豊山)は2年生の春からリーグ戦で登板している。同期の投手たちが先に活躍していく中、地道にトレーニングやリハビリに励んだ。

横山の野球人生は社会人野球の舞台で続いていく

ようやく昨年の春、横山はリーグ戦に初登板を果たし、6試合に投げた。秋はカードの2回戦の先発を任され、計5試合に登板。最速149kmをマークした。ところが、秋のリーグ戦後、今度は左足首を痛めて3カ月近く投げられなかった。香子さんが振り返る。「けがをしたとき、連絡はあったんですけど、投げられないほどたいへんだったことまでは私、知りませんでした。雑誌に載った記事を読んで知ったぐらいなんです。私に弱音を吐くことはなかったですね」

最終学年を迎えたこの春、開幕戦の先発を含めて7試合に先発して2勝を挙げ、小玉、吉村とともにドラフト候補として注目を浴びるようになった。夏には投球フォームの修正に取り組み、最後のシーズンに臨んだが、プロ入りの夢はかなえられなかった。

2年後のプロ入りを目指し、社会人野球へ

卒業後、横山は東京の社会人チームに進み硬式野球を続ける予定だ。
「母への恩返しの意味も含めて、活躍しなきゃいけないとはずっと思ってます。そのためにもしっかり社会人野球で頑張って、2年後のドラフトで指名されるような結果を出したいです」。横山は強い口調で言った。

母は「東京の社会人チームなので、来年からももちろん見に来ます。これからも応援よろしくお願いします」と言って、報道陣に頭を下げた。

10月22日からはリーグ戦最終週、亜細亜大との対戦になる。最後の公式戦登板を勝利で締めくくり、母に大学生として最後のウイニングボールをプレゼントするつもりだ。

最終週の戦いで、学生最後の記念のボールを母にプレゼントしたい

in Additionあわせて読みたい