大学ラグビー

特集:第56回全国大学ラグビー選手権

【写真】早稲田と明治、激闘の記憶 大学選手権決勝フォトギャラリー

11シーズンぶりに大学王者となった早稲田が「荒ぶる」を歌い上げた(撮影・安本夏望)

ラグビー 第56回全国大学選手権 決勝

1月11日@東京・国立競技場
早稲田大 45-35(前半31-0) 明治大
早稲田は11シーズンぶり16度目の優勝

1月11日、新装なった東京・国立競技場で第56回大学選手権の決勝が開催された。2連覇を狙う明治大と11シーズンぶりの頂点を狙う早稲田大の対戦。23シーズンぶりの早明頂上決戦を制したのは早稲田だった。57345人の観衆が駆けつけ、激闘を見届けた。

早稲田の1年生FL相良昌彦がトライ 父の相良南海夫監督とチーム初の親子鷹V
【早稲田ラグビー部SO岸岡智樹の日記】オール早稲田でつかんだ日本一 すばらしい財産を胸に大学ラグビーを引退します