大学アメフト

決戦のフィールドで思わず笑い合った 関学・立命アメフト元主将対談(上)

久々に会い、大学時代の話に花を咲かせた井若さん(左)と近江さん(近影はすべて撮影・北川直樹)

関西学生アメリカンフットボールリーグ1部は10月10日か17日に開幕し、8校によるトーナメント戦で優勝を争う。2011年以降は関西学院大学と立命館大学の「2強」状態。16年から全日本大学選手権に関西から2校(19年からは3校)が出られるようになると、両校が甲子園ボウル出場をかけて4年連続して「2度目の関立戦」に臨み、すべて関学が勝ってきた。今年は選手権の開催が見送られ、関西の決勝で両校の対戦があれば、5年ぶりに一発勝負で甲子園ボウル出場校が決まる。17年度に両校の主将だった井若大知さん(いわか・だいち、24、箕面自由学園高~関学~富士通)と近江克仁さん(おうみ・よしひと、24、立命館宇治高~立命~IBM)が、両校のライバル関係について語り合った。アツく面白いやりとりを2回に分けてお届けします。

仲間の死で強くなった絆

井若大知(以下、井若):不思議なぐらいに俺らの代は関学と立命の仲がええよな。
近江克仁(以下、近江):俺らの代だけなん? 確かにあんまり聞かんな。
井若:まあ、ここが仲いいからってのもあると思うわ。
近江:俺は小5、小6と千里ファイティングビーでアメフトして、中学からは立宇治でやったから、中学からファイビに入ってきた大知とは入れ違い。俺が大知のことを知ったのは高1やな。
井若:俺も近江を知ったのは高1。入ってすぐ大活躍してたから。

――高3の夏の練習試合でお二人のチームが対戦したとき、井若さんの箕面自由学園のチームメイトで親友だった浦野遼平さんが熱中症になり、亡くなられましたね。

近江:僕はけがで試合には出てませんでした。浦野が倒れて、向こうのサイドラインで大騒ぎになって。僕らにも絶対に責任はあるし、ずっと気になってたので、親に浦野の状況を聞いてもらってました。それで、3年生全員でお葬式に行きました。
井若:制服で来てたな。覚えてる。
近江:葬儀が終わって棺(ひつぎ)が霊柩(れいきゅう)車に乗せられて運ばれるときに、箕面自由の子たちが全員でハドルをしてて。感動的って言ったらあれやけど、俺らも泣いた。そのあとも大知たちと浦野の家には何回か行かせてもらってて。そういうのもあって、僕らの代はその当時から大知をはじめ箕面自由のメンバーとのつながりは強いな。
井若:高校の部活を引退したあと、二人で一緒に筋トレしたよな?
近江:え、覚えてない。
井若:お前大丈夫? 記憶飛んでるんちゃう?

ともに1年生からスターターで試合出場

4回生の秋、高校の後輩でもあるQB西野(左)の前をブロッカーとして突進する井若さん(撮影・篠原大輔)

――お互い関学と立命に進学して、最初の秋の対戦は21-7で関学が勝ちました。二人はどれぐらい試合に出てたんですか?

近江:僕はWR(ワイドレシーバー)で全試合スタメンでしたね。
井若:僕もOL(オフェンスライン)の左T(タックル)でスタメンでした。
近江:関学でOLで1年から出るのって珍しいと思うけど、どうやってスタメンとれたん?
井若:春の関大戦で先輩たちが相手のDL(ディフェンスライン)藤谷(雄飛)さん(現・富士通)に5回ぐらいQB(クオーターバック)サックされて、そのあとの練習で「誰か藤谷を止められるヤツおらんのか?」って話になってん。春のシーズンの終盤で、ようやく俺ら1年は防具を着けて練習しだしたころ。俺が今年から監督になった大村(和輝、当時コーチ)さんに「池永とやってみろ」って言われて、前の年の主将だったDLの池永(健人)さんと1対1をやったら勝てた。「あの1年は誰やねん」ってなって、1軍の練習に入れてもらえた。あれがあったから、1年の秋の最初からスタメンになれた。

近江:秋はどんな感じやった?
井若:1年前までテレビで見てた人と同じハドルに入ってるのが不思議やった。QBの斎藤圭さん(現オール三菱)とか主将でRBの鷺野聡さんとか、4年生がカッコよくて。立命戦のときも斎藤さんはずっと笑顔で、俺もまねしてみようと思ってやってたら、OL担当の神田(有基)コーチに「何がおもろいんや?」って言われて(笑)、「すいません」ってすぐ謝ったわ。
近江:俺は関学のDB(ディフェンスバック)の田中雄大さん(当時3年、現オービック)とマッチアップしてたけど、まったく思い通りにできんかった。「これが関学か」と思い知らされた試合やったな。それまでの対戦相手には「別に大したことないな」と思ってたんやけど……。就活の面接で「あなたの挫折は何ですか?」って質問されて、この試合のことを言った。完全に慢心して傲慢(ごうまん)な気持ちで臨んだ結果、まったく力が通じなかった敗北やった。

2回生の関学戦で終盤にタッチダウンパスを受けた近江さん(中央下、撮影・朝日新聞社)

――2年目は立命が30-27で勝ち、5年ぶりの甲子園ボウル出場を決めました。

井若:あの試合で立命のタッチダウンとったのはみんな2年生以下やったやんな?
近江:そうやな。
井若:それを4年になったときの立命戦前のミーティングで言った。「そういう(勝負強い)ヤツらとやらなあかんねんぞ」って。
近江:あの年も、もう一回やらなあかんかったら負けてたと思う。俺の印象やけど、関学は気合入ってなかった。1年前にただただ圧倒された田中雄大さんをブロックにいったときも、俺が必死でグアーっていってんのに、あの人はあんまりやり返してこんかった。あれ? と思いながらやってた。マンツーマンも圧勝したし。
井若:試合後に(同学年で立命のエースRBの西村)七斗に言われた。「お前ら本気でやってたん?」って。失礼か! あの試合も、めちゃくちゃ気合入れてたで。雄大さんとマッチアップそう感じたのは、近江がうまくなったからちゃうん?
近江:ちゃう、ちゃう。完全にあの日の関学は気合入ってなかった。あの年にもう一回対戦があったら、関学が気合入れ直してきて、たぶん負けてる。

シーズン2度目の対戦なら関学は最強

――確かにその翌年の2016年から全日本大学選手権に関西から2校(19年から3校)が出られるようになって、去年まで4年連続で関学と立命がリーグ戦と西日本代表決定戦で2度対戦して、2戦目は全部関学が勝ってますね。

井若:2回目の対戦は、関学が一番強いと思います。たぶん、絶対に負けません。
近江:なんで?
井若:もちろん関学も1戦目から勝ちにいってるけど、自分の癖を立命の選手に見せないようにして、わざと違うプレースタイルを見せたりする。立命は1戦目からある程度ベースを見せてくれるから、関学はそこで相手の癖を覚える。オフェンスだったら、相手がブリッツに入ってくるときのステップの癖とか。それと、立命のディフェンスは毎年強いけど、今年から監督になった大村(和輝)さんはありえないようなことを考える人で、立命ディフェンスの上をいくプレーコールが出てきたからな。

3回生の秋、井若さんはいつも最初のプレーの前に「やるで!」とばかりに先輩QBに体をぶつけた(撮影・篠原大輔)

「大知、めっちゃ気合入ってるやん」と笑み

近江:だけど4年の1戦目(立命21-7関学)に負けたあと泣いてたやん。なんでなん?
井若:いまやから言うけど、コイントスでニコッと笑った近江の顔が浮かんできて、「アイツ、許されへん」と思って。
近江:それでか(笑)。
井若:1戦目の試合前のコイントスでフィールドの真ん中で向き合ったとき、久しぶりすぎてニコッとなってしまった。
近江:サイドラインから真ん中に近づいていくごとに大知の顔がよく見えてきて、「めちゃくちゃ気合入ってるやん」と思ったらにやけてきて、最終的に笑ったんです。
井若:「うわ、はめられた!」って思ったわ。
近江:(笑)
井若:あの試合は自分らしさがゼロやった。いつもはプレーの前、相手に「絶対負けへんからな」みたいなことを言うけど、それもなくて、仲がいい立命のDLの大崎泰志に話しかけられて返したり。試合後にはチームメイトの前田泰一に「今日はぜんぜん大知らしさがなかったぞ。プレーで見せてくれや」って言われて。負けてめちゃくちゃ悔しいのと、近江の最初の笑顔がフラッシュバックして、ほんまに許されへんなと。1戦目も覚悟はして臨んだけど、2戦目はほんまに「死ににいこう」と思ってたから、それに比べるとぜんぜん甘かった。

4回生の1戦目で相手の裏をとり、パスをキャッチする近江さん(中央右、撮影・篠原大輔)

――1戦目に勝った立命サイドはどんな雰囲気になりましたか?

近江:僕らからしたら「次はもっと気合入れてくる」と思ってましたね。だから次に対戦するであろう西日本代表決定戦までの2週間で、もっと強いチームに仕上げないといけない、と。3年のときは僕らが1戦目で負けたあと、そのあとに試合をしながら練習した2週間がめちゃくちゃ濃くて。負けたあとの練習って、えげつなく濃くなるよな?
井若:ほんまに。もう戻りたない。
近江:1年前はほんまに苦しい2週間を過ごしたのに、関学に2戦目でも負けた。あれ以上に、ほんまに全力で取り組もうって話をした。それで2戦目が来たら大知はもう笑わんし、エースWRの松井理己(当時3年)は坊主にしてるし。やっぱり1戦目は気合入ってなかったんやなと思って。

2戦目を前に、頭を丸めてきた3年生たち

井若:あれは3年の松井とQBの西野(航輝)、光藤(航哉)が1戦目に負けたあとのミーティング終わりで俺のとこに来てな。西野が「井若さん、一人でやらんといてください。僕らにも任せてください」って言ってきた。みんな涙目やったわ。それを聞いて「3年生である以上思いっきりやってほしいから、『チーム全体を見てくれ』って言うつもりはないけど、その気持ちはうれしい」って返した。そしたら、その三人が次の日、4年と同じように坊主にしてきた。
近江:そうやっていきなり坊主にしてきた日の練習って、やっぱり笑うん?
井若:そんなん、ぜんぜんない。涙、涙やで。
近江:「ナイス!」みたいな感じちゃうの?
井若:ないない。西野が俺のとこに来て「ほんまに覚悟決めてやらせてもらいます」って言うから、「頼むわ」って。それだけ。

漫才でいえば近江さん(右)がボケ、井若さんがツッコミという感じで話は進んだ

井若:ちょっと戻るけど、4年のリーグ最終戦で立命とやる2週間前のことも、よう覚えてるわ。関学は関大と試合やったけど、その前に立命が龍谷とやって勝った。俺らが試合前の練習でフィールドに入るのを待ってたら、近江がスタンドのお客さんに大声であいさつした。「次戦はいよいよ関西学院大学と試合をします。この一年、借りを返すためにやってきたことをすべて出します」って。むちゃくちゃ腹立った。
近江:下克上しようと思っててん。関学がすぐそばで待ってるのも分かってたから、観客席に言うと同時に関学にも言ったろうと思って、めちゃめちゃデカい声で言うたな。
井若:あれで宣戦布告されたと思って、目の前の相手は関大やったけど、「これはもう完全に近江パンサーズからケンカ売られた状態やぞ」っていう話をして。試合前にめちゃめちゃ腹が立ってしまって、もうコンディションは最悪やったで(笑)。
近江:やっぱり(笑)。

2度目の対戦を前に、関学の4年生は泣いた

井若:1戦目のコイントスで近江が笑顔で歩いてきたときは「なめてきてくれた」と思った。俺も笑ってもうたけど。2戦目は気持ちが違ってた。前泊して鳥内(秀晃)監督と4年の全員でミーティングしたけど、4年は全員泣いてた。1戦目の前はみんな「立命とやれるのが楽しみ」って言ってたけど、2戦目の前は「こわい」と。試合の日にバスで会場に着いて、監督に話をしてもらって泣いて、試合前に俺がしゃべって泣いて。でも部歌の「Fight on, KWANSEI」を歌う前のハドルではもう、誰も泣いてなかった。その瞬間に「今日は絶対に勝てる」と思ったな。それでコイントスに向かうときに近江の目をずっと見てた。「今日は勝つからな」って思いながら。お前はまた笑ってた。俺の顔を見て、「えっ、怒ってるん?」みたいな感じやった。
近江:たぶんそうやな(笑)。

後輩たちの一発勝負、みんなで見ようや 関学・立命アメフト元主将対談(下)

in Additionあわせて読みたい