大学陸上・駅伝

日大・橋岡優輝、セイコーGGP走幅跳で優勝 「ちょっとしょっぱい内容」と危機感

橋岡にとってセイコーGGPは約6カ月ぶりの試合だった(撮影・朝日新聞社)

セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京

8月23日@東京・国立競技場
男子走幅跳 決勝
1位 橋岡優輝(日本大学) 7m96(向かい風0.1m)
2位 津波響樹 (大塚製薬) 7m76(向かい風0.3m)
3位 城山正太郎(ゼンリン) 7m71(追い風1.0m)

8月23日に開催されたセイコーゴールデングランプリ陸上2020東京男子走幅跳には、昨年9月の世界陸上(ドーハ)に出場した城山正太郎(ゼンリン)と津波響樹(大塚製薬)、橋岡優輝(日本大4年、八王子)の3選手がそろった。注目の勝負は、1回目の跳躍で7m96(向かい風0.1m)をマークした橋岡が制した。

自分を改め直し、最後の日本インカレでは優勝を

橋岡にとって、今大会は約6カ月ぶりの試合となった。会場は新装された国立競技場。東京オリンピックの舞台となる場所だ。1回目の跳躍で勝負を決めたが、「自分的にはちょっとしょっぱい内容で、少し改め直す必要がある」と振り返る。

新型コロナウイルスの影響下でもしっかり練習が積め、とくにスプリントが上がっていた。そのスピードを生かした跳躍ができればと考えていたが、新しいタータンに感覚を合わせられず、助走が安定しなかった。2~5回目の跳躍はファウルとなり、最後の跳躍は7m80(追い風0.4m)で終えた。

久しぶりの試合、それも無観客といういつものシーズンとは違う環境下ということもあり、「自分の中で少し抜けていたような感じでした」と橋岡。一試合一試合の重要性をしっかり意識しながら挑む。技術の向上とともにメンタル面も鍛え直し、これからのシーズンに生かしていく。9月11~13日には日本インカレも控えている。昨年は津波に逆転され、2連覇を逃した。今年こそは思い描いた跳躍でしっかり勝ち切りたい。

試合の感覚を取り戻し、東京五輪への収穫に

津波と城山にとっても、今大会は試合の感覚を取り戻すことを意識しての試合となった。津波は1回目に7m63(追い風0.32m)を跳び、2回目をパス。4回目での7m55(向かい風0.6m)という記録に「まずいな」と感じた。最後の跳躍で7m76(向かい風0.3m)をマークしての2位だったが、「修正したい部分が感覚的にはイメージできたけど、跳躍に入るとうまくいっていないのが自分でわかっていました」と課題を残した。

「あまり使わないようなタータンだったのでちょっと感触をつかむのが難しかったけど、ここで東京オリンピックが開かれることを考えるといい経験になった」と津波(撮影・朝日新聞社)

北海道を拠点にしている城山は、コロナの影響で競技場やウエイトトレーニング場が使えなかった期間が長く、その間は坂ダッシュと個人トレーニングをメインにしながら練習を重ねてきた。その期間を経ての久しぶりの試合に不安を感じていたが、5回目の跳躍で7m71(追い風1.0m)をマークしての3位だった。「まずは試合に出ることが重要でした。やれることはやれたかなと思っています」と城山。無観客ではあったものの、タータンの感触など感覚としての収穫はあったと振り返った。

in Additionあわせて読みたい