水泳

特集:いざ、東京オリンピック・パラリンピック

競泳・木村敬一が初の金メダル 男子100バタフライ、富田宇宙が銀

競泳男子100mバタフライの表彰式を終え、メダルを手にする優勝の木村敬一(左)と2位の富田宇宙(撮影・諫山卓弥)

 東京パラリンピック第11日の3日、競泳の木村敬一(30)=東京ガス=が男子100メートルバタフライ(視覚障害)で金メダル、富田宇宙(32)=日体大大学院=が銀メダルを獲得した。

パラ競泳100m自由形、鈴木孝幸が金 今大会日本人初

 木村は4回目のパラリンピックで初の金メダル。富田は初出場のパラリンピックで400メートル自由形の銀、200メートル個人メドレーの銅に続く三つ目のメダル獲得となった。

=朝日新聞デジタル2021年09月03日掲載

in Additionあわせて読みたい