アメフト

関西も関東と同じ10月2日に開幕、学生リーグ新日程で優勝決定は11月14日

昨年のトーナメント決勝は関西学院大が逆転サヨナラFGで立命館大を下した(撮影・柴田悠貴)

関西学生リーグ1部新日程と全日本大学選手権の主な日程

【1部ブロック編成】
A 立命館大、神戸大、近畿大、桃山学院大
B 関西学院大、関西大、京都大、同志社大
【10月】
02日 神戸大-近畿大、立命館-桃山大
03日 京都大-関西大、同志社-関学大
16日 桃山大-神戸大、立命館-近畿大
17日 関学大-京都大、関西大-同志社
30日 近畿大-桃山大、京都大-同志社
31日 関学大-関西大、神戸大-立命館
【11月】
13日 A3位-B3位、A2位-B2位
14日 A4位-B4位、A1位-B1位
■全日本大学選手権
【西日本2回戦】
11月20日 1回戦勝者-関西学生2位、1回戦勝者-関西学生3位
【西日本準決勝】
11月28日 2回戦勝者同士
【西日本代表校決定戦/WESTERN JAPAN BOWL】
12月05日 関西学生1位-西日本準決勝勝者
【決勝/甲子園ボウル】 12月19日 東日本代表-西日本代表

延期になっていた関西学生アメリカンフットボールリーグの新しい開幕が10月2日になった。総当たりから大会方針も変更となる。1部から4部まで全てのディビジョンを2つのブロック(組)に分け、各組内でのリーグ戦と順位決定戦を行う。昨年はトーナメントが軸の変則日程で入れ替え戦はなかったが、今シーズンは実施する予定。1部はA組の神戸大-近畿大で開幕する。

神戸大・森分優人「泥臭くハードなフットボール」 関西1部主将インタビュー
近畿大・天野敢太「妥協せず、真摯に」 関西1部主将インタビュー

当面の間は原則、無観客試合だが、序盤では大規模会場の10月3、16日のたけびしスタジアム京都は有観客での開催を目指す。さらに、新型コロナウイルスの感染状況などをみながら有観客試合を検討していく。両組1位が対戦する優勝決定戦は11月14日の予定。1部1~3位が全日本大学選手権に進み、7、8位が2部との入れ替え戦に回る。76回目を迎える甲子園ボウルは12月19日にある。今シーズンから年明けのライスボウルがXリーグ王者決定戦になったため、甲子園ボウルが学生アメフトのフィナーレとなる。

in Additionあわせて読みたい