サッカー

特集:第70回早慶クラシコ

慶應MF橋本健人、早慶クラシコを機に芽生えた「人のために戦う」マインド

慶應のMF橋本は早慶クラシコではとくに、自分のためではなく、人のために勝ちたいと強く思っていた(撮影・佐伯航平)

第70回早慶クラシコ

7月12日@神奈川・等々力陸上競技場
慶應義塾大 0-1 早稲田大(早稲田の38勝14敗18分け)

第70回目となる早稲田大学と慶應義塾大学のサッカーの定期戦「早慶クラシコ」が7月12日、神奈川・等々力陸上競技場で開催された。関東リーグ2部第8節終了時点で首位を走る慶應は8年ぶりの勝利を狙ったが、後半のアディショナルタイムに均衡を破られ、0-1で負けた。「内容がよかっただけに、勝てたチャンスがあっただけに、悔しいです」。左サイドでチャンスを生み出したMF橋本健人(2年、横浜FCユース)は、両手で顔を覆って泣いた。

慶應ソッカー部は有言実行の男が支えてきた 佐藤海徳はキャプテンをやりきる

決めきれなかった慶應、最後に泣いた

1万3819人の観衆が見守る中、慶應は前半3分に副将のMF八田和己(やつだ、4年、桐蔭学園)がシュートを放つなど、試合開始からボールを支配した。セットプレーでは橋本がキッカーを務めた。関東リーグ2部の第8節を終えた時点で橋本は全試合に出場し、5アシストは2部でトップ。この試合でもドリブルで左サイドから切り込み、クロスを上げた。前半のシュート数は早稲田の1に対し、慶應は4。慶應が押していた。

後半も慶應が果敢に攻める。だが決めきれないでいるうちに、早稲田の攻撃陣が勢いづいてきた。前回の早慶クラシコでは、先制した慶應がセットプレーから立て続けに失点し、1-2で敗れた。今シーズンの慶應は鉄壁の守備を軸に、多彩なセットプレーから得点を挙げてきた。この日は早稲田のセットプレーに対しても冷静に対応。一方で、ゴール前でフリーでボールを受けたMF福本拓海(4年、済美)が空振りするなど、決定機を逃し続けた。

そして迎えたアディショナルタイム。早稲田はMF山下雄大(1年、柏U-18)の左クロスにFW加藤拓己(2年、山梨学院)が頭で合わせ、劇的な先制ゴール。慶應の選手たちはピッチに崩れ落ちた。そして試合終了。シュートの総数は慶應の9に対して早稲田は4。決定力不足に泣いた慶應は、これで定期戦8連敗となった。

応援に応えられなかった悔しさから、橋本(右から2人目の14番)は涙が止まらなかった(撮影・松永早弥香)

勝って4年生に恩返しがしたかった

この早慶クラシコに最も熱い思いで臨んだ男、慶應主将のDF佐藤海徳(みとく、4年、桐光学園)はピッチに立てなかった。試合の約1カ月前にけがで戦列を外れた佐藤は、正確なキックでセットプレーを任されていた。その佐藤の代役を担ったのが自身初の早慶クラシコ出場となった橋本だった。「みと君は(出られなくても)後ろ向きな姿をチームに見せずに、頭を切り替えてチームのために働いてくれました。だから、みと君のためにっていうマインドで臨んで、みと君に恩返しをしたいと思ってたんですけど……」。橋本の涙は、佐藤を始めとした4年生への恩返しができなかった無念さからだった。

橋本は高校時代、横浜FCユースでプレーをしており、3年生のときは主将を務めていた。当時は主将であっても、勝つために、自分のためにプレーをしていたところがあったと振り返る。「この先、サッカー選手としてやっていくには全然実力が足りないなと思ったんです。人間としても、サッカー選手としても。大学に行くというのは最初から決めてて、大学で実力をつけて、人間的にも成長して、それからプロの世界に行こうと考えてました」

橋本は左サイドから崩し、チャンスをつくった(撮影・松永早弥香)

慶應に進んでからは、よりフィジカルを高めることを意識し、2年生になった今シーズンからは個人的にジムにも通い始めた。持久力もつき、12分間走は入部当初から走行距離が200m伸びた。ただそういったことより、橋本自身が強く自覚している変化はメンタル面だという。「人のために戦うことを覚えました。今日もそうですけど、慶應にはたくさんの部員がいて、でも11人しかプレーできない。そこで選ばれてプレーする責任がありますし、応援してくれる人のために走らないといけない。人のために、というのはユースのころとは全然違うところですね」

早慶クラシコで知った応援の心強さ

後半、橋本は息切れを感じる瞬間もあった。それでも、やむことのないスタンドからの大声援に、いくらでも走れる気持ちになったという。「これまでの試合と全然違って、苦しいなって思ってスタンドを見たら、また走れました。応援してくれた人たちに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」

大声援を受けると、いくらでも走れると思った(撮影・佐伯航平)

試合直後の橋本は悔しさからうまく言葉を伝えられなかったというが、同じく泣いていた佐藤からは「お前は胸を張っていい」と声をかけてもらった。「今回に関しては自分のためではなくて、チームをつくり上げてきてくれた人のため、最後の慶早戦となる4年生のため、応援してくれる人のために走ろう、勝とうと意気込んで入ったんで、結果的に負けてしまってスタンドを見たときに、とても申し訳ない気持ちがあって……。そうですね、来年は勝ちたいです。秋からの後期リーグで1部昇格を決めて、今度こそ4年生に恩返しができればいいなと思ってます」

これからも橋本はチームのため、人のために戦う。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む