大学陸上・駅伝

特集:第88回日本学生陸上競技対校選手権

筑波大・山下潤 主将として日本インカレ10レースを駆け抜け、悲願の400mリレーV

山下(右端)は最後の日本インカレで400mリレー優勝を果たした(撮影・藤井みさ)

第88回日本学生陸上競技対校選手権

9月12~15日@岐阜メモリアルセンター 長良川競技場
山下潤(筑波大4年)
100m     4位 10秒43(無風)
200m     1位 20秒70(追い風0.7m)
400mリレー  1位 38秒73
1600mリレー  2位 3分6秒76

陸上の日本学生対校選手権(日本インカレ)が9月12~15日、岐阜で開催された。筑波大陸上部の主将である山下潤(4年、県立福島)は100m、200m、400mリレー、1600mリレーで計10本のレースを走り、200mと400mリレーで優勝、1600mリレーで準優勝、100mで4位という成績をおさめた。

大会最終種目の1600mリレーではアンカーを担い、最下位の8番目でバトンを受け取ると、死力を尽くして2位でゴール。本職の200mでは決して見られない、体全身でもがくようなラストが印象的だった。もちろん、400mの練習などしていなかった。「主将として最後の仕事だと思いました」。充実感を漂わせながら、山下はそう口にした。

日本インカレ100m 男子は筑波・東田旺洋、女子は日体・湯淺佳那子が制す

すべて出し尽くした

山下は1日目、100mと400mリレーの予選を走り、2日目は100mの準決勝と決勝、400mリレ―の決勝を走った。8月の第5回筑波大競技会では100mで10秒28(追い風1.9m)という自己ベストを記録し、その勢いで日本インカレでも100mで優勝を狙っていた。しかし決勝は筑波大の先輩である東田旺洋(あきひろ、大学院修士課程2年、奈良市立一条)が一番に駆け抜けた。ゴール後、東田と握手を交わし「おめでとうございます」と言うと、東田からは「お前も200m頑張れよ」と声をかけてもらったという。「ほかの大学の選手に負けるより悔しかったです。『頑張れ』って言われて、ちょっとカチンときました」と苦笑い。「それでも刺激になったのは間違いないです」と、本職の200mに向けて闘志を燃やした。

東田(左端)はスタートが飛び出し、10秒26の記録をたたき出した(撮影・藤井みさ)

その日の最終種目の400mリレーでは2走を担い、3走は東田だった。「(100mで)負けた相手にバトンを渡すことになったんですけど、チームメイトとしてはとても信頼できる人なので、自信をもってしっかりバトンを渡しました。すごく頼もしい先輩です」と山下。7連覇がかかっていた中央大、そして順天堂大を振り切り、筑波大は38秒73で12年ぶりの優勝を手にした。

3日目は200mと1600mリレーの予選を走り、最終日は200mの準決勝と決勝、1600mリレーの決勝に臨んだ。3日目の1600mリレーで、体にダメージを感じていた。それでも「やるしかない」と自分に言い聞かせ、入念に体をケアして最終日に臨んだ。

2連覇がかかっていた200mでは、優勝だけを目指していた。「タイムより順位。タイムはついてくるものだと思ったんで」と山下。決勝では20秒70(追い風0.7m)で優勝を飾り、大きく両腕の拳を空に突き上げて喜んだ。その1時間後には1600mリレーの決勝が迫っていた。すぐにトラックを引き上げ、最終レースに備えた。そして前述の通り、山下は1600mリレー決勝でみごとな追い上げを見せた。ゴール直後にチームメイトが駆け寄ったが、すべてを出し尽くした山下は仰向けになったままなかなか立てなかった。

1600メートルは最後にバトンを受け取ると、スタートで一気に3人抜き、さらに追い上げて2位でフィニッシュした(撮影・松永早弥香)

計10レースを終えた山下は日本インカレを振り返り、「悔いのないよう、全部出し切るという気持ちで走りました。200mでも思うような走りはできてないと思います。実際バラバラでしたし、でもがむしゃらに走って勝てたのでよかったです」と、一気に話した。

リレーで日本一になりたくて筑波にきた

山下は8月17日の「Athlete Night Games in FUKUI」で200mを走り、20秒40(追い風0.8m)をマーク。9月27日からドーハで開催される世界選手権の参加標準記録を突破し、日本インカレ前日の9月11日、ドーハ行きが決まった。

春先から参加標準記録の突破を狙い、ポイントの高い大会で確実に結果を出し、やっとつかんだ出場枠だ。世界選手権に備えて日本インカレの出場を回避する選択肢もあったが、「世界陸上と同じぐらいインカレも大事だったので、主将として自分の意志で走りました。やらせていただけたことに感謝してます」と言った。日本インカレの400mリレーで優勝する。それは、山下が筑波大に入るときからの夢だった。

山下は県立福島高校時代、インターハイや国体、日本ジュニア選手権で3位入賞を果たしており、別の大学からも声をかけられていた。その中で筑波大を選んだのは、リレーで学生日本一をつかみたかったからだ。いろんな大学の日本インカレでの結果を調べては「ここで自分が走って日本一になれるかどうか」を考えた。その結果選んだ筑波大で、山下は1年生のときに関東インカレの400mリレーに出場。2走として兄の航平(現・ANA)からバトンを受け取って走り、優勝した。「狙い通りだ」と思った。しかし、その年の日本インカレでは中央大に次ぐ2位。強い先輩が抜け、翌2017年の日本インカレでは7位。18年は予選敗退となった。

本職の200mで山下は2冠を達成した(撮影・安本夏望)

最終学年になるにあたり、山下は立候補して陸上部の主将になった。

「1年生のときから競技成績を残してきたので、周りの自分を見る目は違ってただろうし、自分でもリードしていかないといけないなと思ってました。自分から望んでキャプテンをやって、頑張るプロセスを知ってもらうことが、部員にとってもモチベーションになればいいなって」

ほかの種目でも活躍する選手がいる部の中でのマネジメントとして、一人ひとりとのコミュニケーションを大事にした。「一つの方向に向かってモチベーションを高めることとか、キャプテンになってからこの1年すごく大変だったけど、自分でプレッシャーをかけてやるのがベストだと思ってやってきました。やっぱりキツかったですね」と振り返る。

そして最後の日本インカレ、やっと400mリレーでの優勝をつかんだ。

「絶対優勝できるなって。4年間、みんなで速く走れるようになったかな。最初は僕ぐらいしかインカレで活躍できる選手はいなかったんですけど、短距離の中では400mハードル(H)で高橋(塁、4年、柴田)が決勝に残って6位に入って、一番思い入れのある4継(400mリレー)で優勝できて。これまでいろんなことがありました。最後の最後に勝ち切れて、筑波に入ってよかったと思いました。成長できてよかったです」

山下はこの日本インカレを最後に、筑波大のユニフォームを脱ぐ。「筑波でやり残したことはないです」と山下。何か自分にご褒美をあげるとしたら? と尋ねると「ご褒美はなくてもいいです」と笑顔になった。筑波大の男子は、今回の日本インカレで多種目優勝を果たした。チームメイトとともに喜びを爆発させる山下の姿が、そこにあった。

山下(前列右から3人目)は仲間と多種目優勝の喜びを爆発させた(撮影・安本夏望)

今シーズン最後のレースは、ドーハでの世界選手権となる。200mのほか、1600mリレーのメンバーにも選ばれている。目標は決勝進出だ。その先には来年の東京オリンピックを見すえている。一見クールだが、その体内にはほとばしる情熱を秘めている。そんな山下が、ドーハで世界に挑む。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む