大学バスケ

特集:4years.×ギフティング

スポーツ業界に新しい価値の創造を! 3x3プロバスケチーム・TOKYO DIME

4years.×ギフティング
特集一覧を見る

東京都渋谷区を拠点とする3x3プロバスケチーム「TOKYO DIME」は、岡田優介・田村裕・大西ライオンの3人がオーナーを務めるプロスポーツチームです。今年5月には3×3.EXE PREMIERに参戦するTOKYO DIME.EXEの選手として、杉浦佑成(島根スサノオマジック)、そして岡田優介(アースフレンズ東京Z)などが加わりました。スポーツおよびアスリートの新しい価値の創造を目指し、スポーツギフティングに参加しています。

岡田優介(オーナー兼選手)の記事

「TOKYO DIME」オーナー兼選手の岡田優介は2020-21シーズン、Bリーグでは京都ハンナリーズからアースフレンズ東京Zへ活動の場所を移して戦う(撮影・齋藤大輔)

男子プロバスケットボールのBリーグでプレーする岡田は青山学院大を卒業後、現役選手のみならず会計士として、また3x3(スリー・エックス・スリー)のプロチーム「TOKYO DIME」の共同オーナーなどとしても活躍しています。そんな岡田のストーリーです。

バスケがしたくて、少年は仲間を連れて街に出た 岡田優介1
「関東で最も練習がきつい」と聞いて土浦日大高へ 岡田優介2
青学でまさかの2部スタート、バスケも勉強も貪欲に 岡田優介3
何をしたいかを求め続け、選手兼経営者のいまがある 岡田優介4完

 

◆下の画像バナーよりギフティングサービス「Unlim」を通して寄付ができます。


in Additionあわせて読みたい