大学陸上・駅伝

特集:第52回全日本大学駅伝

全日本大学駅伝メンバーエントリー発表 上位を目指す関東推薦7校編

昨年は1区を走った明治大の小袖。今年は2区にエントリーされた(撮影・安本夏望)

11月1日に開催される全日本大学駅伝。10月7日のチームエントリーでは1チームあたり16人の登録が認められているが、10月27日のメンバーエントリーで改めて競技者8人、補員5人と絞られた。ここでは今日発表された関東地区推薦7大学のメンバーを紹介する。

なお、当日の朝6時から6時30分までの間、3人までメンバー変更を受け付けている。すでに区間に配置された選手の区間変更は認められない。最終的な走者はこのタイミングで発表される。

全日本大学駅伝メンバーエントリー発表 各大学のオーダーは? シード8校編
全日本大学駅伝メンバーエントリー発表 地区枠増を目指す! 打倒関東10校編

日本大学

箱根駅伝予選会で18位となった日本大学は、今大会が唯一の大学駅伝。後半の7区にチャールズ・ドゥングを配置、予選会でチーム2位だった小坂をスタートの1区に置いた。古豪復活の足がかりとしたい。

1区 小坂友我(3年、藤沢翔陵)
2区 松岡竜矢(2年、中越)
3区 若山岳(2年、洛南)
4区 谷口賢(1年、豊川)
5区 横山徹(4年、中越)
6区 樋口翔太(2年、佐野日大)
7区 チャールズ・ドゥング(2年、札幌山の手)
8区 武田悠太郎(4年、東京実)

補員 桃川翔大(4年、八千代松陰)、疋田和直(3年、洛南)、山本起弘(3年、豊川)、濱田祐知(2年、東京実)、三木雄介(1年、西京)

中央学院大学

昨年10位、8年連続出場の中央学院大学。今年の箱根駅伝で6区5位と好走した武川を1区に起き、スタートダッシュを狙う。箱根駅伝予選会で総合16位(チーム内1位)だった栗原がエース区間の3区に。キャプテンでエースの髙橋はアンカーとなり、シード権獲得のために走る。

1区 武川流以名(2年、島田樟誠)
2区 小島慎也(2年、大阪)
3区 栗原啓吾(3年、東農大二)
4区 戸口豪琉(4年、武蔵越生)
5区 中島稜貴(2年、市船橋)
6区 伊藤秀虎(1年、四日市工)
7区 畝歩夢(4年、倉敷)
8区 髙橋翔也(4年、市船橋)

補員 吉田光汰(3年、拓大紅陵)、糸井春輝(3年、桂)、坂田隼人(3年、富里)、馬場竜之介(3年、摂津)、吉本光希(2年、中央学院)

明治大学

5位を目標としている明治大学は、高校時代に5000m13分台をマークした注目のルーキー・児玉を1区にエントリー。4年のダブルエースの一人、小袖を2区に配置した。日本インカレでも好結果を出した手嶋は補員に。当日の区間変更が確実だ。

高校時代から実力を見せていた児玉(25番)のデビューも楽しみだ(撮影・朝日新聞社)

1区 児玉真輝(1年、鎌倉学園)
2区 小袖英人(4年、八戸学院光星)
3区 漆畑瑠人(2年、鹿児島城西)
4区 櫛田佳希(2年、学法石川)
5区 前田舜平(4年、倉敷)
6区 大保海士(4年、東海大福岡)
7区 樋口大介(4年、伊賀白鳳)
8区 鈴木聖人(3年、水城)

補員 長倉奨美(4年、宮崎日大)、手嶋杏丞(3年、宮崎日大)、金橋佳佑(3年、札幌山の手)、富田峻平(2年、八千代松陰)、加藤大誠(2年、鹿児島実)

順天堂大学

順天堂大学は17日の箱根駅伝予選会で日本人1位になったスーパールーキーの三浦を1区に配置。駅伝デビューの走りに視線が集まる。キャプテンの清水は前半のエース区間の3区に。昨年6区区間3位と好走した西澤、高校時代から5000m13分台の記録を持つルーキーの石井は補員となっている。

箱根駅伝予選会で日本人1位だった三浦。ついに大学駅伝デビューとなる(代表撮影)

1区 三浦龍司(1年、洛南) 
2区 伊豫田達弥(2年、舟入)
3区 清水颯大(4年、洛南)
4区 野村優作(2年、田辺工) 
5区 荒木勇人(2年、宮崎日大)
6区 牧瀬圭斗(3年、白石)
7区 吉岡智輝(3年、白石)
8区 近藤亮太(3年、島原)

補員 野口雄大(4年、市柏)、鈴木尚輝(3年、浜松日体)、西澤侑真(2年、浜松日体)、石井一希(1年、八千代松陰)、内田征冶(1年、開新)

山梨学院大学

箱根駅伝予選会で7位となり2大会ぶりの出場を決めた山梨学院大学。全日本大学駅伝には3大会ぶりの登場だ。キャプテンでエースの森山がアンカーの8区に。ポール・オニエゴ、ボニフェス・ムルアの両留学生は補員となり、当日変更が予想される。

キャプテンの森山は箱根駅伝予選会では自己ベストタイも「悔しい」。全日本大学駅伝で真価を発揮できるか(代表撮影)

1区 瀬戸祐希(4年、興国)
2区 松倉唯斗(3年、明成)
3区 橘田大河(2年、山梨学院)
4区 新本駿(1年、報徳学園)
5区 北村惇生(1年、世羅)
6区 齋藤有栄(4年、白鷗大足利)
7区 日影優哉(4年、富山商)
8区 森山真伍(4年、樹徳)

補員 遠藤悠紀(4年、報徳学園)、大迫太雅(4年、曽於)、坪井海門(3年、明成)、ポール・オニエゴ(3年、ケニア・モゴンガ)、ボニフェス・ムルア(2年、ケニア・マチャコス)

日本体育大学

玉城亮二監督に変わってから初の駅伝となる日本体育大学。箱根駅伝予選会では日本人トップ争いを演じ、総合7位となったエースの池田が2区に配置された。スピードのある藤本が3区。どこまで上位に食い込んでくるか。

1区 岩室天輝(4年、大牟田)
2区 池田耀平(4年、島田)
3区 藤本珠輝(2年、西脇工)
4区 漆畑徳輝(1年、山梨学院)
5区 佐藤慎巴(3年、埼玉栄)
6区 名村樹哉(2年、四日市工)
7区 大内宏樹(3年、松山商)
8区 野上翔大(4年、青梅総合)

補員 嶋野太海(4年、拓大紅陵)、菅沼隆佑(4年、榛原)、福住賢翔(4年、千原台)、森下滉太(4年、豊橋南)、水金大亮(1年、報徳学園)

城西大学

箱根駅伝予選会を3位で通過し、勢いのある城西大学。「城西らしい攻めの走りを」との櫛部監督の言葉通り、予選会で総合13位の砂岡を1区、同8位でキャプテンの菊地を2区、菊地とともにダブルエースの菅原を3区と前半型のオーダーになった。

キャプテンの菊地は昨年と同じ2区。「一番になりたい」という気持ちで臨む(撮影・安本夏望)

1区 砂岡拓磨(3年、聖望学園)
2区 菊地駿弥(4年、作新学院)
3区 菅原伊織(4年、国学院久我山)
4区 宮下璃久(3年、東農大二)
5区 藤井正斗(2年、名経大高蔵)
6区 山本樹(1年、島田)
7区 石松明(3年、東海大福岡)
8区 梶川由稀(4年、惟信)

補員 雲井崚太(4年、西京)、野村颯斗(1年、美祢青嶺)、堀越大地(1年、西武台千葉)、山中秀真(1年、四日市工)、山本唯翔(1年、開志国際)

全日本大学駅伝メンバーエントリー発表 各大学のオーダーは? シード8校編
全日本大学駅伝メンバーエントリー発表 地区枠増を目指す! 打倒関東10校編

in Additionあわせて読みたい