大学陸上・駅伝

特集:第52回全日本大学駅伝

全日本大学駅伝メンバーエントリー発表 各大学のオーダーは? シード8校編

メンバーエントリーで競技者8人、補員5人に絞られた。当日変更は3人まで認められている(撮影・安本夏望)

11月1日に開催される全日本大学駅伝。10月7日のチームエントリーでは1チームあたり16人の登録が認められているが、10月27日のメンバーエントリーで改めて競技者8人、補員5人と絞られた。ここでは今日発表されたシード校8大学のメンバーを紹介する。

なお、当日の朝6時から6時30分までの間、3人までメンバー変更を受け付けている。すでに区間に配置された選手の区間変更は認められない。最終的な走者はこのタイミングで発表される。

全日本大学駅伝メンバーエントリー発表 上位を目指す関東推薦7校編
全日本大学駅伝メンバーエントリー発表 地区枠増を目指す! 打倒関東10校編

東海大学

2連覇を目指す東海大学はキャプテンでエースの塩澤を前半エース区間の3区に、名取を昨年と同様にアンカーに置いた。西田が補員となっているが当日エントリーでメンバー入りすると考えられる。9月の取材時は「7区を走りたい」と言っていたがそのとおりになるだろうか。また、石原・喜早の駅伝デビューなるかも注目される。

1区 佐伯陽生(1年、伊賀白鳳)
2区 市村朋樹(3年、埼玉栄)
3区 塩澤稀夕(4年、伊賀白鳳)
4区 濵地進之介(2年、大牟田)
5区 本間敬大(3年、佐久長聖)
6区 長田駿佑(3年、東海大札幌)
7区 佐藤俊輔(2年、鶴崎工)
8区 名取燎太(4年、佐久長聖)

補員 西田壮志(4年、九州学院)、吉冨裕太(3年、大牟田)、竹村拓真(2年、秋田工)、石原翔太郎(1年、倉敷)、喜早駿介(1年、仙台育英)

青山学院大学

2年ぶりの優勝を目指す青山学院大学は、キャプテンの神林が7区、在籍5年目の竹石がアンカーに配置された。岩見、新号、松葉、エース吉田の4人が補員となり、当日メンバー変更の可能性が高い。ルーキーの佐藤一世のデビューとなるかも気になるところ。昨年のアンカーをつとめた飯田貴之(3年、八千代松陰)はメンバー外となった。

青山学院大学のエース吉田(右)は補員となっている(撮影・朝日新聞社)

1区 湯原慶吾(3年、水戸工)
2区 近藤幸太郎(2年、豊川工) 
3区 中村唯翔(2年、流通経大柏)
4区 髙橋勇輝(3年、長野日大)
5区 横田俊吾(2年、学法石川)
6区 山内健登(1年、樟南)
7区 神林勇太(4年、九州学院)
8区 竹石尚人(4年、鶴崎工)

補員 岩見秀哉(4年、須磨学園)、新号健志(4年、秋田中央)、松葉慶太(4年、浜松日体)、𠮷田圭太(4年、世羅)、佐藤一世(1年、八千代松陰)

駒澤大学

全日本大学駅伝最多12回の優勝、今年も優勝を目標に掲げる駒澤大学は今年好調の4年・加藤を1区に配置。エースの田澤、ルーキーの鈴木は補員となり、当日エントリー変更が予想される。昨年、田澤は7区で区間記録。今年も7区を走ることとなるだろうか。

昨年6区を走った加藤。今年は1区でチームに勢いをもたらす(撮影・藤井みさ)

1区 加藤淳(4年、西脇工)
2区 花尾恭輔(1年、鎮西学院)
3区 石川拓慎(3年、拓大紅陵)
4区 伊東颯汰(4年、大分東明)
5区 酒井亮太(2年、西脇工)
6区 山野力(2年、宇部鴻城)
7区 唐澤拓海(1年、花咲徳栄)
8区 佃康平(3年、市船橋)

補員 江口大雅(4年、鎮西学院)、小林歩(4年、関大北陽)、田澤廉(2年、青森山田)、赤津勇進(1年、日立工)、鈴木芽吹(1年、佐久長聖)

東京国際大学

2年連続シード権獲得を目指す東京国際大学は1区に山谷、2区に丹所とスピード型の選手を配置。アンカーには昨年区間賞を獲得したルカ・ムセンビを置いた。内田、佐伯といった力のある4年生が補員になっており、当日変更が予想される。

1区 山谷昌也(2年、水城)
2区 丹所健(2年、湘南工大付)
3区 杉崎翼(4年、東洋大牛久)
4区 宗像聖(2年、学法石川)
5区 加藤純平(4年、九州学院)
6区 堀畑佳吾(2年、清風)
7区 栗原卓也(4年、川棚)
8区 ルカ・ムセンビ(2年、仙台育英)

補員 荒井雄哉(4年、東海大山形)、内田光(4年、佐久長聖)、佐伯涼(4年、須磨学園)、渡邉正紀(3年、鬼怒商業)、林優策(1年、滋賀学園) 

東洋大学

「強い東洋」を取り戻すことがテーマの東洋大学は、2区に松山、3区に佐藤とルーキーを配置。昨年アンカーをつとめた宮下が2年連続の8区にエントリーされている。エースの西山が補員となっており、当日区間変更が濃厚。今年は長い距離に取り組み「後半に行きたい」と言っていたがどの区間になるか。

東洋大学のエース西山は後半区間となるか(撮影・安本夏望)

1区 児玉悠輔(2年、東北)
2区 松山和希(1年、学法石川)
3区 佐藤真優(1年、東洋大牛久)
4区 前田義弘(2年、東洋大牛久)
5区 大澤駿(4年、山形中央)
6区 腰塚遥人(3年、桐生工) 
7区 𠮷川洋次(4年、那須拓陽)
8区 宮下隼人(3年、富士河口湖)

補員 小田太賀(4年、浜松商)、西山和弥(4年、東農大二)、及川瑠音(2年、一関学院)、清野太雅(2年、喜多方)、九嶋恵舜(1年、小林)

早稲田大学

早稲田大学はチームエントリー時に唯一の4年生だった住吉宙樹(早大学院)がはずれ、3年生以下で全日本大学駅伝を戦うこととなった。エースの中谷は昨年と同じ3区。井川、太田と力のあるメンバーはいずれも前半区間に配置された。

1区 辻󠄀文哉(1年、早稲田実)
2区 井川龍人(2年、九州学院)
3区 中谷雄飛(3年、佐久長聖)
4区 太田直希(3年、浜松日体)
5区 菖蒲敦司(1年、西京)
6区 諸冨湧(1年、洛南)
7区 鈴木創士(2年、浜松日体)
8区 山口賢助(3年、鶴丸)

補員 半澤黎斗(3年、学法石川)、向井悠介(3年、小豆島中央)、室伏祐吾(3年、早稲田実)、北村光(1年、樹徳) 、栁本匡哉(1年、豊川)

國學院大學

昨年7位の國學院大學は、チームの中心である中西が3区、藤木が7区とそれぞれ重要区間に配置された。今年力をつけてきている4年・臼井は2区、期待のルーキー伊地知は6区。2018年の最高位・6位を上回れるか。

中西は昨年は4区を担当。今年はエース区間の3区でチームの中心を担う(撮影・藤井みさ)

1区 島﨑慎愛(3年、藤岡中央)
2区 臼井健太(4年、鳥取城北)
3区 中西大翔(2年、金沢龍谷)
4区 田川良昌(4年、八千代松陰)
5区 阿久津佑介(2年、那須拓陽)
6区 伊地知賢造(1年、松山)
7区 藤木宏太(3年、北海道栄)
8区 殿地琢朗(3年、益田清風)

補員 河東寛大(4年、樟南)、高嶌凌也(4年、日体大柏)、徳備大輔(4年、大塚)、石川航平(3年、日体大柏)、木付琳(3年、大分東明)

帝京大学

大学史上最高順位の4位を目標とする帝京大学。キャプテンの星は7区に配置された。エースの小野寺は補員となっており、どの区間に入るかで流れが変わりそうだ。

1区 小野隆一朗(1年、北海道栄)
2区 山根昂希(4年、和歌山北)
3区 山田一輝(2年、白石)
4区 遠藤大地(3年、古川工)
5区 橋本尚斗(3年、鳴門)
6区 増田空(4年、小豆島)
7区 星岳(4年、明成)
8区 細谷翔馬(3年、東北)

補員 小野寺悠(4年、加藤学園)、谷村龍生(4年、西京)、鳥飼悠生(4年、市船橋)、中村風馬(3年、草津東)、森田瑛介(3年、前橋育英)

全日本大学駅伝メンバーエントリー発表 上位を目指す関東推薦7校編
全日本大学駅伝メンバーエントリー発表 地区枠増を目指す! 打倒関東10校編

in Additionあわせて読みたい