陸上・駅伝

特集:第90回日本学生陸上競技対校選手権大会

駒澤大ルーキー篠原倖太朗が5000m2位 ライバル・先輩と目指す駅伝3冠

ラスト1周の鐘が鳴り、ギアを上げる篠原(すべて撮影・藤井みさ)

第90回日本学生陸上競技対校選手権大会 男子5000m決勝

9月19日@熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

1位 近藤幸太郎(青山学院大3年) 13:46.98
2位 篠原倖太朗(駒澤大1年) 13:48.57
3位 丹所健(東京国際大3年) 13:48.78
4位 アニーダ・サレー(第一工科大3年) 13:54.55
5位 杉山魁声(筑波大4年)14:02.24
6位 今江勇人(千葉大院2年)14:04.16
7位 伊豫田達弥(順天堂大3年) 14:05.48
8位 新家裕太郎(創価大3年)14:08.92

関東インカレ最終日、男子5000mで駒澤大のルーキー・篠原倖太朗(1年、富里)が2位に入った。最後までトップを争った積極的なレースで、自己ベストも更新。前半シーズンからの駒澤の勢いをそのまま感じさせる結果となった。

表彰台にも「勝ちきりたかった」

篠原は同級生の佐藤条二(1年、市立船橋)とともにレースに出場した。スタートするとすぐに山梨学院大のボニフェス・ムルア(3年)を先頭として、ひとかたまりの大きな集団ができた。篠原と佐藤ははじめ、集団の中ほどに位置をとった。残り5周となったところで、佐藤はペースを落として後方に。ムルアが先頭から下がり、東京国際大の丹所健(3年、湘南工科大付)が前に出る。篠原は前方をキープし、残り3周になったところで優勝争いは丹所、アニーダ・サレー(第一工科大3年)、近藤幸太郎(青山学院大3年、豊川工)、篠原の4人に絞られた。ラスト1周の鐘を聞いたところで、篠原はギアを変えて先頭に。そのまま逃げ切るかと思われたが、残り200mでスパートした近藤に抜き返され、2位でゴールラインへ。小さく両手を広げた。

篠原は最後まで先頭集団でレースをすすめた

篠原は同じ千葉県の高校出身である佐藤をライバルとして意識し、ここまで競い合ってきた。レース後は「条二に勝てたのはうれしかったですけど、着順を狙ってたので、あそこまで出られたら勝ちきりたかったなと思います」と満足していない様子だった。篠原は7月のホクレンディスタンスチャレンジ千歳大会で、13分53秒92をマークし自己ベストを更新した。その時はラストの400mを57秒程度で走った。最後のスパートについて、「その時よりは余裕はなかったんですけど、行くしかないなと思っていったら失敗しました」と振り返る。普段は4000m付近できつさを感じるが、このレースのときは徐々にペースが落ちていたこともあり、ラスト1000mの余裕度はまだあった。「でも一気に(ペースが)上がってから対応できなかったなってのがあります」

同期・佐藤をライバルとして強く意識

駒澤大には主将で学生長距離界のエースでもある田澤廉(3年、青森山田)、田澤と練習をともにする鈴木芽吹(2年、佐久長聖)、唐澤拓海(2年、花咲徳栄)など強力なメンバーが揃っている。篠原も強い先輩たちに追いつきたいと日々努力を重ねている。今回の結果については「田澤さんとか強い先輩に追いつくのに、2番じゃちょっと報告もしづらいですし、追いつくのにまだ何個も課題があると思いました」と高みを見ていることをうかがわせた。

今回の13分48秒57は自己ベストではあるが、「条二がもっと早く47秒を出したので(6月6日の日体大記録会で13分47秒86)、そこに追いついたと考えると、まだ出遅れてるなって感じはすごいあります」。あくまでライバルを意識し、負けたくないという気持ちを全面に押し出した。

佐藤(22番)は頼もしい同級生でありライバル。篠原が常に意識する存在だ

大八木弘明監督からは、「出雲はここでしっかり(結果を)出せば狙えるから、タイムよりも着順を意識して」と言われていた。「2位だったので、80点ぐらいだと思います」。ちなみに「青学に負けるな」とも言われていたといいい、近藤に負けたことを「申し訳ないです」とすこし笑顔混じりに口にした。

練習への手応え、駅伝シーズンは「あわよくば区間賞」

篠原の高校時代の5000mのベストは14分36秒11。入学後半年弱で50秒近くもベストを縮めたことになる。トラックシーズンを振り返り、「高校時代から考えると順調に来られたのかなという印象」。特に前半シーズンは高校時代から持っていたスピード強化に取り組み、1500mも3分46秒程度で走れるようになった。それをもって夏はダウンジョグなどを含めると1カ月で1063km走り、持久力の強化に取り組んだことが、今の快走につながっている。夏の強化練習では田澤と同じAチームで30km走もこなし、田澤たちとは余裕度が違えど、走りきれたことは自信となった。

駅伝シーズンはメンバーに入り、戦力として活躍したい。駒澤大の戦いが楽しみだ

大八木監督は8月末に取材した際、期待する1年生として篠原と佐藤の名前を上げていた。篠原に、そのことについて聞いてみると「ほんとですか」と少し目を見開き、「夏合宿をほぼパーフェクトでやって、田澤さんとかとも一緒にできたので、そういうところでは期待してもらってありがたいなと思います」。鈴木芽吹も、期待する後輩の名前として「自分が1年生のときよりできている」と篠原の名前を上げていた。強い1年生の存在は、確実にチームに刺激をもたらしている。

改めて駅伝シーズンの目標をたずねた。「チームの三冠に向けて、しっかり自分が貢献できるように。絶対に足は引っ張らずにメンバー入りして、あわよくば区間賞も狙っていきたいです」。できれば、佐藤と一緒にメンバー入りしたい、とも。他校から強く意識されている駒澤大。強力なルーキーの存在が、「戦国駅伝」の混戦をさらに加速させる。

in Additionあわせて読みたい