大学バスケ

連載:バスケ応援団長・カルロスコラム

スター軍団と河村勇輝たちスーパールーキーの融合! 今年の東海大戦力大予想

大倉選手&河村選手の2ガードというのもありやなしや

みなさんこんにちは! 宇宙人イチ大学バスケを愛する(自称)宇宙人、カルロスです。コラムも7回目ですね。基本月イチ掲載なので、もうみなさまと半年を超える付き合いになります。読んでくださっている方々、本当にありがとうございます! ラブラブなカップルなら半年超えたらもう尋常じゃないお祝いするレベルですからね。今回も本気でいきます。

そんな今回は「要チェックや! 今年の東海大戦略予想」ということで、大注目の東海大学男子バスケットボール部 SEAGULLSが今シーズンどう戦うのかを予想していきます。以前、別の記事でも軽く触れたんですが、この予想が開幕をさらに盛り上げてくれる気がします!

ヤンチャボーイズに、勝つぞ男だ……カルロス流・2020シーズンの注目どころ(下)

また、これは完全にカルロスの個宇宙人的な予想なので、全然正解ではないです! みなさんも読みながら予想しちゃってください。

なんでスター軍団?

初めに、なぜ東海大はスター軍団と呼ばれるのか! 大学バスケ初心者の方もいらっしゃる可能性があるので、昨シーズンのメンバーを紹介しつつ簡単に書いていきます。

東海大には毎年、高校バスケにおいていろんなポジションでの世代No.1や、ウインターカップ等で活躍したトッププレーヤーが入学します。こちらが昨シーズンインカレ2019でのスタートメンバーです!

・PG 大倉颯太(現3年、千葉ジェッツ特別指定選手、北陸学院)
・PG 笹倉怜寿(仙台89ers、東海大三)
・SG 西田優大(現4年、名古屋ダイヤモンドドルフィンズ特別指定選手、福大大濠)
・CF 八村阿蓮(現3年、明成)
・C 平岩玄(アルバルク東京、土浦日大)

大倉選手は高校時代から世代No.1プレーヤーと言われてきた選手です。得点力・アシストセンス・フィジカル・戦術など、入学時から大学バスケでもトップクラスだと思います! 西田選手は高校時代からNo.1シューターとして評価が高く、大学1年生の時から日本代表候補に選ばれる将来有望な選手です。

八村選手はNBAで活躍する八村塁選手の弟で、世代別代表でも活躍し、身体能力が高くゴール下でのハングリーさがカッコいい選手です! そしてバスケに熱く努力家というギャップもあります。平岩選手は世代No.1インサイドプレーヤーとして東海大のゴール下を4年間支えてきました。そして笹倉選手は大学バスケで頭角を現してきた超器用なプレーヤーです。4年生の時にはU22大学日本代表にも選出され、スタートメンバーにも名を連ねました!

日本代表候補としても活躍中のピュアシューター・西田選手(以下、すべて撮影・CSPark)

セカンド・ベンチメンバーも強者ぞろい

という感じで、スタートメンバーの説明をするだけでもとんでもないんです……(これでも抑えて書きました)。加えてセカンドメンバーとしてスタートメンバーの次に試合に出るメンバーがいたのです。

・PG 寺嶋良(京都ハンナリーズ、洛南)
・SG 春日恒太郎(東海大浦安)
・F 大倉龍之介(富士通RedWolves、北陸学院)
・PF 佐土原遼(現3年、東海大相模)

寺嶋選手は現在、京都ハンナリーズの主力として活躍するスピード系ギュンギュンガード。春日選手と大倉龍之介選手はディフェンスを中心に周りを生かし、シュートも決めるというオールラウンドプレーヤーたちです。そして! 控えから出てきてコートを蹂躙(じゅうりん)する大学バスケの最終兵器「#俺たちの佐土原」がいます。強靭(きょうじん)なフィジカルから繰り出すインサイドプレーや高確率の合わせのアウトサイドシュート、そして相手を粉砕するドライブなど、昨シーズンよりプレーの幅を広げてきています!

他ベンチメンバーには、いぶし銀キャプテン・津屋一球選手(4年、洛南)、ストリートバスケのイベントでも大活躍の超絶1on1スキルを持つ男・坂本聖芽選手(3年、中部大一)。そして新2年生の世代でもトッププレーヤーと称されてきた松崎裕樹選手(福岡第一)がいます。さらにさらに! ベンチ外にもU18日本代表の司令塔を務めた伊藤領選手(3年、開志国際)、全国で活躍した松本礼太選手(3年、福岡第一)がいます!

つまりスター軍団です! ドドン!!(これが言いたかった……)。ここに最強の新入生たちが入ります。ここからが今回のコラムの本題です。まだ半分です。恐ろしいことです、ええ。

注目ルーキーは河村勇輝のみならず!

さあ! ここに世代のトッププレーヤーたちが加わります。

・黒川虎徹(PG、東海大諏訪)
・元田太陽(SG、北陸学院)
・河村勇輝(PG、福岡第一)
・西田公陽(SG、福大大濠)
・江原信太郎(PF、実践学園)
・蛯子修二(SG、東海大相模)
・佐藤武(SG、東海大札幌)

注目はもちろん河村選手! 福岡第一高時代は1年生の時から活躍、ウインターカップ2019ではチームを日本一へ導きました。そして高校生ながらBリーグ・三遠ネオフェニックスに特別指定選手として加入! しっかりとスタッツを残し、プロ相手にもその実力を見せました。天皇杯の千葉ジェッツvs福岡第一高の試合が印象的です! 日本代表PGの富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)とのマッチアップは激アツでした(もし見てない方いたらぜひ)。Instagramのフォロワーは15万人! 超高校級プレーヤーとして入学時から話題を呼びました。

同期には、バスケセンス抜群の黒川虎徹選手(東海大諏訪)やカルロスが勝手に期待している東京のオフェンスマシーン・江原信太郎選手(実践学園)。そして西田優大選手の弟でもある西田公陽選手(福大大濠)など、他にも楽しみな選手ばかりです。

カルロス的、今シーズンのスタートメンバー

ここからが本題です。今シーズンのスタートメンバーをカルロスが大予想します!

・PG 大倉颯太(3年、千葉ジェッツ特別指定選手、北陸学院)
・SG 西田優大(4年、名古屋ダイヤモンドドルフィンズ特別指定選手、福大大濠)
・F 津屋一球(4年、洛南)
・PF 佐土原遼(3年、東海大相模)
・CF 八村阿蓮(3年、明成)

どぇす!! 説明していくと……PGのスタートは大倉選手ではないかと思っています。陸川章監督からの信頼も厚いですし、代表活動ではPGのポジションです。またバスケIQも高く、1年生の時から司令塔の役割だったので、ここでPGを変更することは近年の東海大のスタイルを大きく変えてしまうと思います。

また、八村選手と大倉選手のピック&ロールなど、ハーフコートで展開するバスケは驚異的です! 西田優大選手は大倉選手のアシストから、スポットでシュートを打てる他、自分からオフェンスを作れる部分もあります。津屋選手のところ……悩みましたが、合わせも上手でディフェンスもハッスルできます。リーダーシップでコートを引っ張ることができるキャプテン・津屋選手だと思います!

そしてインサイドです。八村選手を4番のポジションにするのであれば、5番は2年生の張正亮選手(東海大諏訪)だと思いましたが、ハーフコートで組み立てるバスケのスタイルであれば、中のスペースを広く取って4out気味なポジションが強いと思ったので、機動力もあり外からも点が取れ、リバウンド力も強い佐土原選手かなと思いました!

大倉選手&八村選手のコンビは超強力です! 破壊力スーパー!!

カルロス的、今シーズンの控えメンバー

オイオイ! 注目の河村選手や、期待の坂本選手はどうなんだい!? というところですが、ここからがカルロスなんです。控えメンバーの予想をしていきます。

基本的に2プラトン(メンバーを5人全員入れ替えて試合メンバーが10人いる感じです)に近い形になってほしいなという願望があります。すごく勝手な理由ですが、プレータイムとチャンスが多い方が選手のモチベーションになるのと、見ている側がめちゃくちゃ楽しいからです!

・PG 河村勇輝(1年、三遠ネオフェニックス特別指定選手、福岡第一)
・SG 坂本聖芽(3年、中部大第一)
・SF 松崎裕樹(2年、福岡第一)
・C 張正亮(2年、東海大諏訪)

バックコートの外回り3人は走れる選手たちです。河村選手のブレイクのスピードや上手さは言わずもがなです! そこに走れるビッグフォワード・松崎選手がいます。ここは福岡第一高ラインで速い展開のバスケが得意だとにらんでおります。

そしてポイントは坂本選手! 坂本選手の1on1スキルのすごいところは、オールコート・ハーフコートどちらにも強いというところです。速攻の中での1on1はもちろん、止まった状態からドリブルで崩すスキルもあります。困った時に坂本選手がボールを持ったら、会場が湧き湧きお祭り男爵になると思います!

最後にインサイドですが、スタートメンバーと3人で回すのではないかなと! 東海大は昨シーズンの4年生が卒業して、インサイドプレーヤーの人数が減ってしまったので難しいところです。今後のことも考えて張選手もプレータイムが増えると思います。

TSC2020でも大爆発した坂本選手(右)。今シーズン期待の選手のひとりです

正直、大倉選手&河村選手の2ガードかもしれませんが、互いの長所を生かしきってスタートメンバーとセカンドメンバーでガラッとバスケットが変わったら、相手チームとしてはすごくやりにくいのかなと思いました。このメンバーが出てきたら控えでも気が休まりません。スカウティングもしづらいですし、全然別のチームと戦ってる感じになります。嗚呼! 恐ろしや!!

群雄割拠の東海大がアツい!

今回、勝手に盛り上がってしまいましたが、こうやって予想すると開幕が本当に楽しみになってきます! 何回も言いますが、カルロスの予想はがっつりハズレるかもです(笑)。

さて、コラムでもたくさん話しましたが、東海大はめちゃくちゃメンバー層が厚いです。みんながトッププレーヤーなので、練習から超トップレベルです。カルロスが小耳に挟んだのは、島谷怜選手(2年、東海大相模)なんかも練習中からメキメキ頭角を表してきているみたいです! トッププレーヤー同士の競争を勝ち抜いてコートに立つ選手は、すんごいパフォーマンスを見せてくれると思います。

今年はリーグ戦が中止になり、10月10日より代替トーナメント大会が開催されます。間もなくですね……ドキドキ。みなさんも、好きなチームのスタートメンバーを予想したりなど、開幕に向けて一緒に盛り上がっていきましょう! ワッショイダー!!

バスケ応援団長・カルロスコラム

in Additionあわせて読みたい