大学バスケ

連載:4years.のつづき

選手兼GM、素顔は42歳の「バスケ大好きおじさん」 東京エクセレンス・宮田諭1

4years.のつづき
連載一覧を見る
宮田さん(右)は第一線で活躍するバスケ選手としては最年長にあたるが、「僕は単なる『おじさん』」と言う(提供・B.LEAGUE)

今回の連載「4years.のつづき」は、B3リーグ「東京エクセレンス」の選手兼ゼネラルマネージャー(GM)の宮田諭さん(42)です。早稲田大学卒業後はサラリーマンをしながらクラブチームでバスケットボールを続け、アメリカ挑戦、トヨタ自動車アルバルク(現・アルバルク東京)を経て現在に至ります。5回連載の初回はバスケとの出会い、早稲田大に入学するまでについてです。

常軌を逸した“バスケへの愛”

今年度中に43歳を迎える。第一線で活躍するバスケ選手としては最年長になったが、宮田さんは意にも介していないようだ。「自分自身に最年長という感覚はまったくないですし、そもそもそうやって取り沙汰される人って、代表経験者とか有名選手じゃないですか。僕は単なる『おじさん』でいいですよ」。そう言って笑った。

バスケを全力で楽しみ、コート上で一喜一憂しまくる姿から、選手たちから「バスケ大好きおじさん」、ファンから「42歳の子ども」と親しまれている宮田さん。しかしコートの外では一転、有能なビジネスマンとして、様々なプロジェクトで辣腕(らつわん)をふるっている。

エクセレンスのGMとして選手や現場スタッフを取り仕切り、クラブのアリーナ確保に奔走。さらにすごいのがそれらと並行し、トヨタ自動車の社員として働いていることだ。宮田さんの担当は人事部門でのスポーツ支援活動。アルバルク東京の練習施設の整備も、宮田さんが手掛けたものだ。数年前までは選手としてプレーしながら、カンパニー発足直後、日本に3人しかいなかったレクサスの広報を担当。トヨタ自動車東京本社では、「人と違う働き方をする変わり者」として知られているらしい。

宮田さん(奥の33番)はデュアルキャリア、パラレルキャリアが注目される前から実践してきた(提供・B.LEAGUE)

現在は「一般社団法人スポーツを止めるな」の推進メンバーとして、コロナ禍で様々な機会を失った学生アスリートたちの支援活動にも携わる。デュアルキャリア、パラレルキャリアという生き方が注目される昨今だが、宮田さんほど多様かつ高いレベルでこれを実行している人は珍しいのではなかろうか。

宮田さんは言う。「僕の変なキャリアは、全部『バスケがしたい』という理由に基づいて選択してきた結果なんです」。その半生を聞いていくと、常軌を逸した“バスケへの愛”が嫌というほど迫ってきた。

倉口勉さんと出会い、バスケの概念が変わった

小学生の時にバスケに出会い、中学でもバスケを続けた宮田さん。が、都立国立高校に入学した当初は野球部員だった。「高校と言えば甲子園」という非常に安直な理由で、小学生時代にバスケとかけ持ちしてやっていた野球をすることにしたのだ。しかし、仮入部時点で即断念。バスケ部に入部することにした。

宮田さんが入学する前年までの国立高校バスケ部は、OBが代わる代わる指導しながら都ベスト16を目指す、ごく一般的なチームだった。そこに順天堂大学バスケ部出身で、現在はBリーグの審判としても活動する倉口勉さんが赴任。宮田さんは倉口さんとの出会いでバスケにのめり込んだ。

「中学のバスケは『正しいことをやりなさい』という感じだったんですよ。すべてのプレーは基本に忠実であるべきで、カッコつけたプレーは許さないみたいな。だけど倉口先生は僕が先輩にシュートブロックされた時に、『なんでそこでシュートを打つの?』と、タイミングをずらしてシュートを打つダブルクラッチを教えてくれた。当時で言えば、“カッコつけたプレー”の代表格ですよね。難易度の高いテクニックなので、いきなりはできなかったけど、それでも『どんどん挑戦していかないと身につかないよ』と後押ししてくれて。先輩や人から教えてもらうのもいいけど、最後は自分の感覚を大切にしなさいと言ってくれたのも倉口先生でした」

以来、宮田さんの高校生活はバスケ一色だった。練習後は夜遅くまでひとりで居残り練習し、授業をサボって体育館に忍び込んでは先生に怒られた。偏差値は40。テストの答案はいつも白紙で追試の常連だったが、やればやるほどバスケが好きになっていく。楽しくて仕方がなかった。

1日15時間の猛勉強、泥臭いバスケにひかれて早稲田大へ

高校最後の大会を都ベスト8で終え、同級生たちが受験勉強にシフトしていっても、宮田さんはバスケのことしか考えていなかった。後輩に混じって練習に参加している内に、「大学でもバスケをやめたくない」と思うようになった宮田さんは、倉口さんに相談。一般入試組にもチャンスのあるチームとして早稲田大学と慶應義塾大学を勧められ、泥臭いバスケにひかれて早稲田大に、一浪して進学することを決意。理工学部環境資源工学科(当時名称)のみに照準を合わせ、1日15時間の猛勉強に励み、見事1年後に合格を勝ち取った。

一般入試組にもチャンスがある大学を考え、そのプレースタイルにもひかれ、宮田さんは1浪の末に早稲田大学へ進んだ(写真提供・田中有哉氏)

宮田さんは1年遅れで、念願の大学バスケデビューを果たした。「浪人していたこともあって、当時の体格は身長177cm・体重59kgとガリガリ。しかも眼鏡をかけていたんで、体育館に行ったら上級生たちに『君、本当にバスケやるの?』と驚かれましたね」。宮田さんは当時を思い出し、懐かしそうに笑った。

早稲田1年目で留年を決意、生活の中心にバスケがあった 東京エクセレンス・宮田諭2

4years.のつづき

in Additionあわせて読みたい